忍者ブログ

チラシの裏~勇者弐位のゲーム日記

 ゲーム大好きな大阪のオバチャンのほぼゲームのことしか書いてない日記。10年やってたブログがプログラム書き換えられて海外の怪しいサイトに飛ばされるようになったんで、2017年4月に引っ越ししてきました。10年分の過去記事が36MBもあるし、データが壊れてるのか一部送れないものもあり、まだまだインポートの途中(;^_^   過去記事分は引っ越しで持ってきたものなので、表示が一部おかしいかもm(__)m  

吉志舞高校


 やっと届いたカリギュラ(Caligula)のプレイ開始!


 μによってメビウスへ連れた来られた主人公。
 メビウスは、つらいことや苦しいことがなく、誰もが傷つかない世界とのこと。


 トロフィー:メビウスへようこそ!をゲット!


 3月15日 吉志舞高校の卒業式に出た主人公は、在校生代表の祝辞を読む柏葉琴乃と卒業生代表の答辞を読む響健介の姿を見た。
 4月4日 吉志舞高校の入学式で、在校生代表として祝辞を読んだ主人公に続いて、新入生
代表の答辞を読むために壇上に上がったのは、この前卒業したはずの健介だった!
 主人公が健介のことをよく見ると、顔がバケモノのように見えた。
 周囲を見渡して、生徒や先生の中にも、健介のよ
うに顔がバケモノになっている人間が何人かいることに気付いた主人公は、パニックを起こして、入学式が行われている講堂から飛び出す。
 飛び出していった主人公を後姿を見つめている何人かの生徒は、主人公と同じように顔がバケモノになっている人間が見えるようだ。



 学校の外へ出た主人公は駅に向かうが、見えない壁があり駅には入れない。
 近くでライブをしていたμが主人公に、「まだ街の外ができてないし、誰も外に出さないように約束してるから、駅は作っていない」と話しかけてくる。
 μは、ふつうはメビウスから出ていきたくなることはないから、どうしてほしいかを教えてほしいと、主人公に尋ねてくる。


 メビウスとは?→みんなが宮比市と呼んでいる街の本当の名前で、街の半分はμが作ったとのこと。


 「なにもいらない」と主人公がいうと困った顔をするμ。
 そこへアリアがやってきて、μに、メタバーセスに帰るからメビウスの輪を解いて、と訴えると、μはどこかへ行ってしまう。
 ライブの途中でμがどこかへ行ってしまったので、観客たちが主人公に詰め寄る。
 観客に追われる主人公を、主人公と同様バケモノが見える生徒の一人が助けてくれる。
 主人公を助けた生徒は、佐竹笙悟と名乗り(中の人が竹内Pだから、声が渋い)、自分も主人公と同じように変な連中が見えると打ち明けて、仲間のところへ案内すると話す。
 主人公と一緒に逃げてきたアリアの声が大きいので、観客に見つかってしまう。
 絶体絶命のピンチに陥ったので、アリアは、主人公の中から奴らと戦うための力を引き出すと言い出し、何でこの世界に主人公が来たのかを聞き始める。


 人間関係が煩わしいんだ→周りの人と馴染めない→肯定してくれる仲間がほしい


 主人公の思いをアリアが全部受け止めると、主人公の体の中から花と力があふれ出て、主人公も敵と同じような姿になる!
 カタルシスエフェクトに覚醒!


 スキルを選ぶと、イマジナリーチェインが見えるので、攻撃がうまく繋がるようスキルを選ぶ→実行で、バトル開始。
 無事に敵を倒すことができた。
 トロフィー:覚醒!をゲット!


 アリアは、自分はμと同じバーチャドール(ボカロ)で、たまたま同じころに発売され、メタバーセス(ネットのこと)あふれる情報の海を漂ううちに自分の意志で動けるようになり友達になった、と話し始める。
 人間がバーチャドールたちに作ってくれた曲には、現実への不満や恨み嫉みの類を込めたものが多く、μとアリアは人間の悩みをなんとかしてあげたいと思ううちに、μが暴走してしまったとのこと。
 人間は心の内にドロドロしたものを抱えていて、現実ではそれを理性で抑え込んでいるが、メビウスでは抑圧する必要がないから、内側のものが体を突き破ってあふれ出てデジヘッドと呼ばれる異形になってしまう。
 主人公と笙悟は理性があるから、心の内を周りにさらけ出すことはできないので暴走しない。
 アリアは、調律担当で、殻を割って暴走しようとするココロを安定化でき、その力はカタルシスエフェクトと呼ばれてる。


 笙悟に安全な場所を案内すると言われて、着いたところは学校の中の音楽準備室だった。
 この世界の音楽はDTMが主流のため、吹奏楽はすたれているのだ。
 主人公は、笙悟たちの仲間がいる帰宅部へ入部することになった!

 帰宅部の部員は、部長で3-2の笙悟、卒業式のとき在校生代表で祝辞を読んでいた3-4の柏葉琴乃、3-1の巴鼓太郎、この前卒業してさっき入学した1-3の篠原美笛と1-2の神楽鈴奈の5人だ。


 メビウスでは、延々と高校3年間が繰り返されているが、そのことに気付いているのは帰宅部くらいとのこと。
 アリアがいることに気付いた帰宅部の部員たちは、μの仲間だと言って追い出そうとするが、笙悟がみんなに説明して、何とかわかってもらえる。
 現実とは異なるメビウスに閉じ込められて、出口もなく帰る方法もわからない状態だが、ここにいる人間は、現実世界でμの歌を聴いていたらしい。
 帰宅部は、μがこの世界に関係しているので、それを探って現実に帰ろうとしている、とのこと。
 それを聞いたアリアは、自分とμでこの世界を作ったと話すと、鼓太郎が激怒する。
 アリアが、鼓太郎のことを小さい男だというと、さらに激怒する鼓太郎。
 一向に話が進まず、笙悟がキレて、やっとアリアの話が進みだす。


 アリアとμは悩みを抱えている人たちを幸せにしたかったが、μが人の魂を閉じ込めるようになってしまった、とアリアは話し、みんなが帰れるようにμを説得するから、μを探すのを手伝ってほしいと頼んでくる。


 メビウスに魂が閉じ込められた状態では、現実にある体はどうなっているのかは、アリアはわからないとのこと。
 μの力が大きくなるにつれて、アリアの力は小さくなっていき、体も小さくなってしまった、とのこと。
 帰宅部の部員たちは、どうしても本当の家に帰りたいので、アリアに協力して、μを探すことにする。
 アリアは、μの楽曲を作っているオスティナートの楽士ならμの居場所を知っていそうだ、と話す。
 楽士たちの作る曲とμの歌が、ファンの子たちからメビウスを維持する力を生み出している、とのこと。
 楽士たちも現実から来た人間なので、当然、この学校の生徒とのこと。


 主人公・笙悟・琴乃のグループと、残りの部員のグループに分かれて、校内で楽士を探すことになった。
 校内放送で、楽士の一人のカギPの曲が流れ始める。
 アリアは、洗脳されているデジヘッドは、楽士の曲を聞くと狂暴化すると、教えてくれる。
 どうやらカギPは、主人公を捕まえようとしているらしい。ということは、カギPは校内にいる。


 WIRE(LINE)に登録!
 これで、いつでも帰宅部の部員たちと連絡できる。(スタート→メニュー→WIRE)


 笙悟は、自分たちのも主人公と同じ力があるかをアリアに聞くと、アリアは、メビウスに気付いて現実への執着があるから素養けど、確約はできない、と返事する。


 探索開始!
 □でミニマップ切り替え。


 本校舎2Fで、通りすがりの1-2の川辺千花に話しかけるが、友達の友達じゃないと話しをしてくれない・・・
 2-4で3ポイントゲット。


 通りすがりの1-3の辻野友輔に話しかけて、知人になった!知人になれば、WIREに登録できる。
 通りすがりの1-6浜田健に話しかけて、知人になった!


 多目的教室で、大内義雄とバトル!
 浸食率が50%を超えると、デジヘッドとして襲ってくるようになる。


 通りすがりの2-1の一色悠真に話しかけて、知人になった!
 通りすがりの1-3の笠原清美は人見知りだった・・・


 スティグマ発見!
 スティグマは、何かの理由で魂が消えてしまった人の想いが結晶のように残ったもの。まぁ、心残りですわ。
 ベストイグザクトリー(防壁強度+10、体格+8)をゲット!
 教室で、3ポイントをゲット。


 通りすがりの1-3の三木祥子に話しかけて、知人になった!
 通りすがりの1-2の北村佳乃に話しかけて、知人になった!WIREしまくって、友達になった!
 通りすがりの1-6の平林雄一、3-1の森下颯介は、人見知りだった・・・


 NM円環の陶酔者とバトル!


 通りすがりの2-1の水澤裕貴に話しかけて、知人になった!
 2-6の番場惣一朗、2-7の木戸浩美は人見知りだった・・・


 東第二休憩所で、自我のない生徒とバトル!
 スティグマから、ワードピッカー(DMG値+34、命中精度+5、クリティカル+2)ゲット!


 通りすがりの3-6の塚本律子に話しかけて、知人になった!
 通りすがりの1-3の村上翠に話しかけて、知人になった!
 1-4の二宮碧は、人見知りだった。


 中央階段前で、NM理性なき生徒+自我のない生徒とバトル!
 スティグマから、ソウルディストネーション(SP+40+、精神-12、魅力-12、ソウルゲイン)をゲット!


 小部屋で、NM円環の陶酔者とバトル!
 スティグマから、スモーキングトーク(DMG値+34、回避反応+5)をゲット!


 2-2で円環の陶酔者とバトル!
 スティグマのロックが解除されて、クラックアフターマス(回避反応+4+、クリティカル+4+、器用-10、リガードレスグロウアップ)をゲット!


 自我のない生徒X3とバトル!
 スティグマから、ハートブレイク(回避反応+4+、SP+20)をゲット!


 本校舎2Fの教室をすべて回ったが、情報はなかったので、いったん集まることにした。
 集まってから、鼓太郎のほうも情報がないことがわかった。
 そこへ、帰宅部の情報を集めている守田鳴子が声をかけてくる。
 鳴子は、帰宅部は隠密のクラブで、世界の情報を知っているので、かっこいいと話す。
 持ち上げられて悪い気がしない鼓太郎は、自分たちが帰宅部だとあっさりゲロる。
 鳴子は帰宅部の情報を教えてくれたお礼に、カギPは3-4にいると教えてくれる。


 敵を倒して、クライフォーゲット(防壁強度+12、精神-4、闘争本能)をゲット!


 3-4に行く途中で、鳴子のクラスメイトの水口茉莉絵に出会う。


 本校舎3Fで、琴乃がデジヘッドにさらわれてしまう。
 デジヘッドは、琴乃が帰宅部だと知っていた。
 何が何でも現実へ帰りたい笙悟は、邪魔されたことで覚醒!
 デジヘッドX2とバトル!
 琴乃を無事に救出した。


 琴乃は、アリアから力は心の内側からあふれ出たものだと説明を受けると、自ら覚醒する!普段から、どんだけため込んでんねん。


 通りすがりの1-6の長島雅紀、1-3の大石陽太、2-3の足立真央、1-4の西原洋記、2-1の森本惇、2-5の岩永夕は、人見知り・・・


 提示用廊下で、スティグマからダブルミーニング(DMG値+35、筋力+8、器用+8)をゲット!


 通りすがりの1-1の吉岡綾音は、人見知り・・・
 通りすがりの3-4の有賀尚太、1-6の寺沢希沙、3-6の寺尾可奈恵に話しかけて、知人になった!


 寺沢と寺尾の近くで3ポイントをゲット。


 NM円環の陶酔者とバトル!
 スティグマから、ディスリスペクト(クリティカル+3、敏捷+8)をゲット!


 3-6前でスティグマから、クレイジードメイン(筋力+8)をゲット!


 3-1前で、鳴子が学校の構造の違和感に気付く。


 セーブポイント発見!
 今どきのゲームにしゃちゃ珍しく2時間ほどセーブさせてもらえなかった。スーファミ時代のRPGかよ!


 通りすがりの1-2の福山琴美、2-1の佐野葉介は、人見知り・・・
 通りすがりの1-6の長谷川紅美に話しかけて、知人になった!WIREをしまくって、友達になった!


 廊下で3ポイントゲット。


 やっと3-4にたどり着いたがカギPはいなかった。
 鳴子から、カギPの本名は響鍵介だと教えてもらう。
 響鍵介と言えば、卒業式と入学式で答辞を読んでいた生徒で、今は1-1のはず。
 鳴子は、巻き戻る前の3-4の鍵介のことを覚えていたのだった。


 通りすがりの1-6の七海洋子、3-1の真下匠に話しかけるが、人見知りだった・・・


 本校舎1Fへ。


 通りすがりの1-1の原希に話しかけて、知人になった!WIREしまくって、友達になった!
 通りすがりの1-3の狭間美希に話しかけて、知人になった!
 通りすがりの1-1の須藤慶士、3-1の早坂哲也、2-7の中島那古、1-3の前園悠志は、人見知りだった・・・


 敵から、ハートレス(防壁強度+9、筋力+12+、精神-4、ポーカーフェイス)をゲット!


 通りすがりの2-1の神谷歩夢、3-2の山下ひかりは、人見知りだった・・・


 西第二休憩所で、自我のない生徒とバトル!
 ロックが解除されて、スティグマから、シンキングマネジメント(DMG+36、SP+20、賢さ+7、精神+7)をゲット!


 視聴覚室でμのキャラクターエピソード開始!
 μはアリアと一緒に、たくさんの人を幸せにしようとしていた。
 「そんなに楽しくないかな」
 μは、自分の歌で、みんなが現実の辛い思い出を全部わすれられるような世界を作るつもりだ。


 廊下で、3ポイントをゲット。


 通りすがりの3-2の古屋巡、2-2の高木辰雄に話しかけて、知人になった!WIREしまくって、友人になった!


 セーブポイント発見!


 2-5の日高唯は、人見知り・・・2-5の辻本美樹とWIREしまくって友達になったら、日
高唯が知人になった!
 3-6の平井眞由美、3-4の島津聖也、2-3の藤沢静香、3-2の菊池英貴、2-3の西田瑞穂、1-6の大村一輝、2-3の坪井峰雄、2-6の大山大陽、2-3の三田真梨香は、人見知り・・・


 1-1の前で帰宅部全員集合。
 メビウスは、μの楽曲を聴いた人から生まれるエネルギーで維持されていて、デジヘッドは無意識下でそれを知っている。メビウスが壊されないようにデジヘッドたちは、帰宅部を捕まえて、メビウスとμを拒絶しないように洗脳するために、襲ってきているらしい。


 カギPの校内放送が流れ、メビウスとμの敵である帰宅部のメンバーの写真を公表するから、帰宅部を探せと言っている。
 写真の出どころは、フォロワー数を増やしたい鳴子だった。楽士が帰宅部を探しているから、鳴子が帰宅部の記事をGossiper(Twitter)でつぶやくと、楽士のファンのフォローが増えるのだ。


 自我のない生徒X3とバトル!


 デジヘッドが鼓太郎に襲い掛かろうとするが、鼓太郎は恐怖から力を開放し、デジヘッドを倒す。
 デジヘッドとの戦いを間近で見ていた鳴子も、デジヘッドが見えるようになってしまう。


 校内放送していることから、カギPは放送室にいるらしい。


 スティグマから、インソムニアマニアックス(防壁強度-20、命中精度+8)をゲット!


 放送室へ向かう途中、峯沢維弦にあった笙悟は、維弦を帰宅部に誘うが、群れるのは嫌いだと維弦に拒否されてしまう。
 超絶イケメンの維弦がデジヘッドは見えることに気付いた笙悟は、維弦を何度も帰宅部に勧誘しているが、維弦は人間嫌いらしく拒否されたままとのこと。


 中央階段から4Fへ。
 鼓太郎が加入し、4人パーティになった!


 セーブポイント発見!


 放送室への扉は鍵がかかっていてあかない。


 東秘匿区域で、自我のない生徒とバトルして、スティグマから、リトルキャパシティ(体格-12、器用+12)をゲット!


 敵から、シンキングエラー(SP+50、筋力+13、賢さ-6、サイレントジッター)をゲット!


 東秘匿区域で、NM理性なき生徒とバトルして、封印の半分をゲット。


 西関係者通路で、NM自我のない生徒とバトルして、スティグマからイグナイトプレイヤー(防御強度+11、回避反応+3、敏捷+7)をゲット!
 スティグマから、ベストイグザクトリー(防御強度+10、体格+8)をゲット!


 西秘匿区域で、NM理性なき生徒とバトルして、残りの封印の半分をゲット。


 主人公が、エクスペリエンスクオリティを習得!


 放送室でカギPを発見!
 カギPは、つまらない大人なんかになりたくなくて、いつまでも子供のままでいたい、と話す。
 「俺は早く大人になりたいよ」→「大人になるのが嫌で、メビウスに?」→「現実で才能が無くて苦労したのか?」→「でも今の君はすごい人気じゃないか」→「その才能もμにもらったのか?」
 カギPは、現実世界で自分の才能を誰にも認められていないのが不満で、メビウスに来て学士になった。メビウスでのカギPは、考えればすぐにメロディが浮かんで、歌詞が泉のように溢れる、思い通りの自分になったとのことが、それはμのおかげだった。
 帰宅部にみんなは、カギPがメビウスから出たくないように、自分たちは現実に帰りたい。だから、自分たちだけでも現実に戻してほしい、と頼む。
 カギPは、ローグ(反逆者)が現実に戻ろうとすると、メビウスの輪がほどけてしまうから、誰もメビウスから出さない、これがμとオスティナートの学士の総意だと、答える。


 カギPとバトル!
 トロフィー:カギP撃破!をゲット!


 現実でもメビウスでも思い通りにならなかったカギPは意気消沈・・・
 カギPは、学士として新参者のため、μの居場所も知らないが、スイートPの居場所ならわかるとのこと。
 そして、突然、カギPは帰宅部に入れてくれ、と頼んでくる。帰宅部に入れば、帰りたい気持ちがわかるようになるかも、とのこと。それに負けた学士は、ほかの学士に相手にされなくなるとのこと。


 カギPに、なんでもかなう世界から、かなわないかもしれない現実に戻りたい理由を聞かれる主人公。
 「現実ってそういうものなんだよね」


 そこへカギPの再洗脳をしに、デジヘッドが襲い掛かってくる。
 カギPは、学士の力で対抗しようとするが、それでは負の感情に飲み込まれてしまうことを知っているアリアは、自分が調律するといって、カギPの力を解放させる。


 そのころオスティナートの学士たちは、帰宅部の存在に気づき、作戦を立てていた。
 帰宅部も現実で何か心に問題を抱えているからメビウスに呼ばれているはずだから、そこと突けばいい、という結論に達する。


 帰宅部では、スイートPが開くお茶会に潜入させるメンバーを選ぶことになった。
 スイートPは、いかに「ゆめかわいい」かを審査して、参加者を決めているとのこと。
 笙吾が、突然隠居するので、部長を主人公に譲ると言い出し、自分が部長になりたい鼓太郎以外の賛成で決定される。


 「しょうがない、ここは俺か・・・」というと、美笛が、自分がやると言い出す。
 カギPから、お茶会の場所は、パピコの中にあるカフェだと、教えてもらる。


 エントランスで、セーブと、パーティ編成ができるようになった!
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

HN:
勇者弐位
性別:
女性
職業:
大阪のオバチャン
趣味:
ゲーム
自己紹介:
 ゲーム大好きな大阪のオバチャンです。
 やりたいゲームは発売日に買ってるが、プレイする時間がまったく足りてないでの、クリアするのはいつになるのやら・・・

忍者カウンター

カテゴリー

アーカイブ

P R