忍者ブログ

チラシの裏~勇者弐位のゲーム日記

 ゲーム大好きな大阪のオバチャンのほぼゲームのことしか書いてない日記。10年やってたブログがプログラム書き換えられて海外の怪しいサイトに飛ばされるようになったんで、2017年4月に引っ越ししてきました。10年分の過去記事が36MBもあるし、データが壊れてるのか一部送れないものもあり、まだまだインポートの途中(;^_^   過去記事分は引っ越しで持ってきたものなので、表示が一部おかしいかもm(__)m  

2週目 黄泉からの兵士・・・全滅

 MH3Gは、やっとチャナガブルを倒して、念願の凍土デビューを果たしました!

 耐寒+10のお守りもゲットしたし、武器を作るため、アイシスメタルとライトクリスタルを掘りまくってます。

 

 今日のデビルサバイバーオーバークロックはどうかな?

 

 3RD DAY ベル・デル

 8:30 渋谷

 ミドリを助けると返事すると、ケイスケが仲間になる!

 9:00 神田

 9:30 表参道

 9:30 赤坂 赤坂トンネル

 10:00 東京 野外音楽堂

 ハル救出!

 10:30 新宿

 11:00 九段下

 11:30 水道橋

 「探してみようか」

 12:00 表参道

 12:30 池袋

 ミドリと協力して、一般人の救出!その後、ベル・デルからの逃亡・・・

 13:00 品川 千岳寺

 13:30 永田町 国会議事堂前

 13:30 水道橋

 13:30 九段下

 13:30 渋谷 宮下公園

 14:00 池袋

 14:30 水道橋

 一般人を救出しようとしているミドリに協力して、悪魔を倒す!

 15:00 渋谷

 カイドー、ホンダと悪魔退治競争!

 15:30 永田町 霞が関

 16:00 九段下 武芸館

 翔門会脱走者とバトル!

 「最後まで手伝うよ」で翔門会信者と協力した戦う。

 16:30 永田町 国会議事堂前

 ヤドリギ争奪戦で、ヤドリギのお守りをゲット!

 17:00 新宿

 17:30 青山 青山霊園

 ベル・デル戦!

 18:00 新宿

 18:30 表参道

 「それは目を背けているだけだ」→「任せろ」→「知らせたらどうなる?」

 19:00 渋谷

 アマネ→「やれるだけやるよ」

 ホンダ→「本当に早く出たいですね」

 カイドー→「考えておくよ」

 ミドリ→「誰もが感謝するとは限らない」

 ケイスケ→「そうだね、やめさせよう」

 ユズ→「オレは変わらないよ」

 アツロウ→「有効な使い方を考えよう」

 

 4TH DAY 崩壊する理性

 
 8:30

 9:00 六本木

 9:00 池袋

 「彼女を説得しよう」

 9:30 新宿

 「自分たちのを分ける?」

 10:00 芝公園

 「それが試練だから」→「誘ってるんだ」

 10:30 品川

 11:00 池袋

 一般人に襲われているミドリの救出。途中でケイスケ覚醒!

 11:30 池袋

 「疲れているだけだ」

 12:00 秋葉原

 「1024」→「関係あるね」

 12:30 渋谷

 13:00 表参道

 ミドリ参加!

 13:30 芝公園

 「協力しましようか」

 14:00 表参道→品川→六本木→品川でアヤを調査してから、表参道

 「実は~」

 14:30 新宿 神無伎町

 一般人から食料を奪おうとしている悪魔使いとバトル!

 15:00 水道橋

 カイドーとホンダとバトル!

 15:30 神田

 「政府のチームに会った」→「赤坂トンネルかも」

 16:00 渋谷

 「ケイスケとカイドー両方に対処」

 16:30 品川

 17;00 渋谷

 「そうじゃないよ」→「もっと前から悪魔はいる」

 17:30 渋谷

 クドラクに襲われているマリを脱出させる!ただし、クドラクは倒すな。

 18:00 青山

 ヨモツイクサとバトル!しかし、全滅・・・

PR

2週目 お調子者の霊

 今日のデビルサバイバーオーバークロックはどうかな?

 2週目の引き継ぎ特典

Option pts. 詳細
仲魔1体と再契約 10 任意の仲魔1体を引き継ぐことが出来る
スキルデータの保存 10 クラックしたスキルを引き継ぐことが出来る
デビオクの継続利用 40 デビオクの出品リストを引き継ぐことが出来る
経験値制限解除 60 通常、自分よりも低いLvの敵を倒した場合、もらえる経験値が
本来の値よりも少なくなるという制限がかかっている。
この制限を解除し、経験値が実質的により多く得られるようになる
悪魔全書1割引 40 悪魔全書の悪魔の召喚に必要なマッカ10%OFF
合体LV制限解除 70 主人公よりLVの高い悪魔の合体が可能になる

 Day Before

 16:00 新宿 神無伎町

 16:30 表参道

 17:00 青山 住宅街

 17:30 渋谷 電気博物館前

 コボルト+ピクシー+カブソとバトル!

 18:30 青山 住宅街

 19:30 青山 青山霊園

 ウェンディゴとバトル!

 21:30 青山 青山霊園

 

 1ST DAY 東京封鎖

 8:30 青山 青山霊園

 8:30 渋谷駅前

 9:00 渋谷

 人の声を聞き、50マッカをゲット。

 9:00 シブヤ ???

 9:30 恵比寿

 10:00 渋谷 宮下公園

 10:30 新宿

 11:00 新宿

 「悪魔を倒してナオヤを追う」を選択。

 11:30 表参道

 12:00 六本木通り

 12:30 池袋 サンセット通り

 13:00 水道橋 後楽園

 ウェンデイゴとバトル!

 13:30 秋葉原 秋葉原中央通り

 14:00 池袋

 14:30 上野

 15:00 東京

 15:30 六本木

 16:00 芝公園

 16:30 品川

 17:00 九段下 武芸館

 悪魔に襲われているハルを救出せよ!

 17:30 青山 青山墓地

 悪魔を呼び出しているCOMPを止めよう!

 18:00 品川 翔門会施設

 18:30 新宿

 19:00 渋谷

 

 2ND DAY 出口を求めて

 9:00 新宿 神無伎町

 9:30 表参道

 10:00 渋谷 首都高渋谷出口

 10:30 表参道

 11:00 芝公園 東京タワー

 外道悪魔使いとバトル!

 11:30 池袋

 12:00 赤坂 赤坂トンネル

 悪魔とバトル!

 12:30 神田 神田駅前

 13:00 表参道

 13:30 芝公園

 14:00 東京 日比谷公園

 14:30 池袋 衛国寺

 カイドー、ホンダと共闘して、悪魔を倒す!

 15:00 渋谷

 15:30 神田

 16:00 神田

 16:30 芝公園 東京タワー

 悪魔に襲われている民間人を救出!

 17:00 神田

 17:30 池袋

 ケイスケといっしょにミドリを救出する!

 18:00 渋谷

 ゴーストQとバトル!

 18:00 神田

 18:30 神田

 19:00 渋谷

 

LAST DAY 希望の歌

 今日のデビルサバイバーオーバークロックはどうかな?

 LAST DAY 希望の歌

 1周目は、元の世界に戻すのが定番だよね!ってことで、ジンルートへGO!!!

 

 6日目 19;30 表参道

 ジンのところへ行き、悪魔を消すことにする。ジンが仲間に!

 ハルの歌が完成すれば、アマネはサーバーの場所を教えてくれる。明日、ハルに歌の完成を確認してから、アマネに会いに行こう。

 そして、どっかからCOMPを調達してきた(どうやったかが非常に気になる・・)マリも仲間に!

 

 7日目 8:30

 18時までに悪魔を消さないと封鎖内の人間は殺される・・・ハルから歌をもらい、アマネに会いに行こう!

 と思ったら、ジャアクフロストも仲間になった!(悪魔消すんだけど、大丈夫なのか?)

 

 7日目 9:00 九段下 日本武芸館

 ハルの歌の完成度を尋ねると、数時間だとの返事。

 そこへイヅナがやってきて、予定時間が繰り上がり13時になったと伝えに来る!COMPが出回り、各地で封鎖を強行突破しようとする連中が出始めてるためとのこと。

 時間までに、自分のできることを精一杯しよう!

 

 7日目 9:30 芝公園

 レミエルに、悪魔を帰還させる歌を見つけたと伝えると、サーバーへ至る道を教えるとの返事で、さっそく向かうことになる。

 レミエルは、サーバーへ行くには条件と手順を整えることが必要だと言い、その条件は、主人公がベルの王になることだと告げる。ベルの王となるための最終試練は、始原のベルが失った高位エネルギーの思念体であるバ・ベル(神話に出てくるバベルの塔のこと)と相対することだが、そのバ・ベルが召喚サーバーそのものなのだ!バ・ベルは召喚サーバー内で眠りについており、ベルの王に最もふさわしい者に呼び出されるのを待っているとのこと。そして召喚サーバーは、ベル・ベリトに手により翔門会から魔界へ移された。バ・ベルは高位エネルギーのため見えず・触れずのため、ベル・ベリトは召喚サーバーを媒介してバ・ベルの具象化を目論んだとのこと。召喚サーバーは思念の流れなので、思念体であるバ・ベルを操ることができると判断したのだろう。ベル・ベリトは、魔界に移した召喚サーバーにバ・ベルを下し、手元に囲っているハズ。しかし、ベルの王位争いが続いていることから、ベル・ベリトはまだベルの王たる資格を持っていない。残るベルの悪魔の、サーバーの近くにいるベル・ベリトとベル・ゼブブを倒すことが、主人公がベルの王になること!が、その前にアマネの中にいるイザ・ベルを倒せとレミエルは告げる。

 

 7日目 10:00 芝公園

 アマネの心の中でイザ・ベル戦!溶岩地帯でダメージ床有・・・

 イザ・ベルの体力を赤くするとアマネが自我を取り戻し、ダメージ床が消える!

 イザ・ベルと倒し、ベルの力を手に入れる主人公!

 現実世界に戻り、約束通りアマネからサーバーのある場所への行く方を教えてもらうが、それには魔界と人間界を隔てる壁を取り払わなければならないと言われる。この世界を守る四天王を倒し、結界を消して東京を魔界化させないと、召喚サーバーを実体化させることができないと話すアマネ。

 翔門会が四天王の一人を倒した(半年前にアマネが浅草のジコクテンを倒した)ことで、東京の魔界化が始まり、悪魔が呼べるようになったと告げるアマネ。このまま放置すれば、いずれ東京は魔界に沈むとのこと。魔界化ということは、悪魔は召喚プログラムなしでも、この世界へ往来できるようになり、人間は破滅する・・・

 魔界化させたら、召喚サーバーを実体化させ、悪魔をすべて消さなくてはならないのだ!

 

 7日目 10:30 池袋 衛国寺

 結界を守るビシャモンテンとバトル!

 撃破後、ビシャモンテン合体解禁!

 

 7日目 11:00 品川 千岳寺

 ゾウチョウテンとコウモクテンとバトル!

 撃破後、ゾウチョウテンとコウモクテンの合体解禁!

 四天王すべてが倒れ、結界が消える・・・そして、六本木方面の空に魔界へ通じる洞が開く!

 レミエルから、バ・ベルに悪魔を帰還させる歌をのせれば、悪魔はすべて消える。そして、主人公がベルの王になり、バ・ベルに命じて門を閉じれば、戦いは終わる!と聞かされたアマネは、その話しをみんなに伝える。

 召喚サーバーを実体化させる前に、イヅナにこの作戦を知らせ、最終決断を延ばしてもらおう!

 

 7日目 11:30 赤坂

 イヅナと伏見に自分たちの計画を話す主人公たち。

 伏見は主人公たちを信じてくれて、伏見の名前で最終決断中止の命令を出すと言ってくれる。命令系統の混乱に乗じて、少し時間が稼げるハズ!

 そして、伏見はイヅナに主人公たちに同行しサポートするよう命じる。イヅナが仲間になった!

 

 7日目 12:00 九段下

 ハルはアヤの残した曲作りに難儀している・・・アヤの作った曲はバラバラなデータになっており、それをきちんと並べ変えれば曲になるのだが、データの一部が破損していると話すハルに、代わりにハルが曲を作れと説得するジン。

 アヤを超えることなんて出来ないと言うハルに、アヤはハルなら自分を超えられると話していたと告げるジン。

 しかし、ジンの言葉を疑うハル・・・

 そこで、アヤがD-VAのボーカルをハルに譲ったのはアヤが喉を痛めたことになっているが、それは嘘だと告げるジン。アヤは喉を痛めておらず、そのことをアヤから口止めされていたジンは今まで黙っていたのだ。

 アヤはハルに歌うことを託したんだ!と話すジンに、どうなっても知らないからと答えて曲を作ることにしたハル。

 そして、ハルはこの曲に、聞きおぼえがあることに気付く。そう、この曲は、アヤに教えてもらいながらハルが初めて作った曲だ!

 ジンもこの曲に聞き覚えがあった。ハルには曲の才能があり、この曲をちゃんとアレンジすれば、自分を超えるだろうと、アヤが話していたことを思い出す。

 アヤのアレンジが完璧だったので、作った本人のハルは、この曲は自分の曲だったことに気付かなかったのだ。

 元々は自分の作った曲だから、抜けてる部分は思いだすことができる!

 ハルに、歌が完成したら、ヒルズに持ってきて告げて、主人公たちはベルの王位争いへ。

 

 7日目 12:30 六本木 ヒルズ

 ベル・ゼブブとバトル!

 ベル・ゼブブを倒し、ベルの力を手に入れる主人公。

 残るベルの悪魔は、アマネの父親が崇拝するベル・ベリトのみ。

 アマネから、教祖とベル・ベリトの話しを聞く。それによると、学生の頃、教祖は神の試練を予見し、ベル・ベリトの力を借りることを思い立った。ベル・ベリトはの目的は、バ・ベルに眠る始原のベルとしての強大な力を取り戻し、神と闘うことだったので、神に抗おうとしている教祖の呼びかけに応えたのだろう。

 伏見が最終決断中止の命令を出したと伝えにくる。これで90分ほど時間が稼げるハズだ!

 

 7日目 13:00 六本木

 ハルがまだ来ない・・・しかしもう時間がない。

 伏見が、ハルが来たら自分が最上階へ連れて行くから、主人公たちは先に行けと言ってくれる。

 

 7日目 13:30 最上階

 停電中なので、最上階までは当然階段・・・

 最上階で、父親である教祖と対峙するアマネ。教祖が、神の試練のを超えるため悪魔の力を借りて神を討とうとした結果、神の試練が始まったと言って、翔門会と決別するアマネに対し、教祖は、アマネは試練を先延ばしにしているにすぎない。自分は、禍の根を断ち、神なき世界を作ると宣言し、教祖自らの命を贄にしてベル・ベリトを召喚する!

 障害物とギミックで全然前に進めない主人公たちに、ベル・ベリトが容赦なく超距離連続攻撃をしてくる・・・レベル65でなんとか、ベル・ベリトを撃破し、ベルの力を手に入れる!

 亡き父親に人類を救うと誓うアマネだが、心が折れそうになっている・・・

 そこへ完成した曲を持ってハルがやってくる。詳しい状況がよくわからないハルは落ち込むアマネに、「思い切り行け!」と励まし、アマネは再び立ち上がる。

 シーケンサーのバッテリーがヤバくなってきてるので、曲の披露はぶっつけ本番だ!

 ベルの力をすべて手に入れた主人公。これでバ・ベルを呼び出せる!

 

 7日目 14:00 最上階

 バ・ベル召喚!

 まずアツロウがコンソールにアップロード→ハルをアツロウのところへ→ハルが歌い始めると、ジジィ顔のバ・ベル防御プログラムが登場!

 防御プログラムを倒すと、悪魔が魔界へ帰還!当然、ジャア君も、味方悪魔も・・・

 あとはバ・ベルと閉じるのみ。

 バ・ベルとバトル!

 撃破後、バ・ベルは主人公をベルの王と認める!

 「永遠に魔界に帰れ!」と主人公と命じると、バ・ベルは魔界へ帰っていく。そして、東京封鎖は解除される!

 政府は一連の事件を、毒ガスによる集団幻視と発表する。

 数日後、主人公の動かなくなったCOMPにM(たぶんメタトロン)からのお褒めのメールが届く。

 

 

 1周めプレイ時間75時間で、ジン・ルートをクリア!

 達成率26% 

Action pts. 達成条件
初エンディング 70 初めてエンディングを迎える
ハル生存 20 ハルが生存している
ケイスケ生存 20 ケイスケが生存している
マリ生存 20 マリが生存している
ジン生存 20 ジンに一旦死亡フラグを立てた上で六日目に生存させる
超電磁結界 20 超電磁結界に関する情報を全て調べる
ジンルートクリア 60 ジンルートでゲームをクリアする

 

6TH DAY 決断の刻 後編

 今日のデビルサバイバーオーバークロックはどうかな?

 6TH DAY 決断の刻 後編

 16:30 上野

 悪魔が自衛隊を襲っていて、どさくさにまぎれて封鎖を抜けだそうとする人たちが現れる。しかし、天使が封鎖を突破しようとする人間を襲う・・・

 天使と悪魔が戦いを始め、そこには封鎖を突破するチャンスをうかがうホンダの姿が!

 「人間のために両方倒す」選択をする主人公。

 3隊倒すと、ホンダらが封鎖の外に出ようとするので、「誰も逃がしちゃだめだ」を選択し、ホンダらからCOMPを奪い、天使・悪魔も全滅させてクリア!

 

 17:00 青山

 ナオヤに会いに行き、話しをすると、最良の選択は、主人公がベルの王になることだと言い出す。ベルの王になり、政府に交渉を持ちかけて封鎖を解除しろとのこと。もし政府が交渉を拒否するようなら、魔王の力で封鎖を潰せと言うナオヤ。山手線から悪魔が出てしまうと、政府にはもう打つ手がないから、必ず交渉に応じるハズとのこと。

 そして、主人公がベルの王になるもう一つの目的は、神の試練そのものを永久に排除することだと話すナオヤ。

 「最高です」と答える主人公に、いくら天使に従い、神の望みを叶えたとしても、人がまた道を踏み外せば、また別の神の試練がやってくると話すナオヤ。

 人間を苦しめる根本的な存在は誰だ?とナオヤに聞かれて、「・・・神だ」と答える主人公。

 主人公が神に打ち勝てば、神の試練は二度と訪れることはない、そして、今こそ、人間は神の束縛から解き放たれるべきと話すナオヤ。

 真実の自由を手にするため、主人公が神と闘えと話すナオヤに、「なるほどね」と答える主人公。

 ナオヤ自身は王にならないのか?と問うユズに、王になる資格を持つのは主人公とベルの悪魔だけで、悪魔が王にならないように主人公が王になれと話してナオヤは去っていく。

 ナオヤの意見に反対なケイスケは、神を打ち倒して人間が支配する世界になると、弱者を虐げる野生の世界になってしまうと話すが、「そうかな」と答える主人公。

 

 17:30 芝公園

 レミエル、この試練を機会に、歩み始めるべき最良の道は他にあるのでは?と聞かれて、「神に従う道?」と答える主人公。

 その主人公に、神の教えを広め、人間を神の御許へと導く救世主になれと話すレミエル。

 なぜ主人公が選ばれたのかを問うアツロウに、主人公がベルの王になる資格を得たということは、悪魔すべてを従えうる資格を持つこと。それは、救世主となる資格を持つことだと答えるレミエル。

 「それで人は救える?」と主人公が問うと、それが人間を救う完全な対処だと答えるレミエル。

 アマネの中のイザ・ベルはどうしてるのか?と聞くユズに、自分の力をイザ・ベルとアマネの意識を眠らせるいるため、アマネがイザ・ベルに精神を乗っ取られることはないと答えるレミエル。

 救世主になれとしつこく言うレミエルに、「悪くないね」と答える主人公。

 

 18:00 東京

 とうとうベル・イアルとバトル!

 現場になぜか遊び人風の男がいて、質問をすると答えてくれる。

 ベルは、アッカド語で「主」という意味で、紀元前2500年頃の古代メソポタミアの時代に、この世界を支配した強大な存在の名だった。しかし、紀元前600年頃、唯一神(この世界を創世した神)に敗れ力を奪われ、偶像神として貶められた。ベルは、魔界へ墜ちる際、それぞれ別個の存在になってしまったので、ベルの悪魔が複数いる。ベルの悪魔たちは、原初のベルの王に戻るために王位争いをしているとのこと。

 野外音楽堂で、ハルがベル・イアルに襲われている!ハルの歌の力を奪うためだ。

 ベル・イアルを止める壁役をつとめた主人公が死んでしまったが、他パーティの遠距離攻撃と、アツロウの渾身の一撃で何とか、ハルを助けて、ベル・イアルを倒し、主人公がベル・イアルの力を手に入れた!

 主人公たちの余命が1に増えた!

 ハルに自分が狙われたわけを聞かれて、アヤの作った旋律が悪魔召喚プログラムに使われると答える主人公。

 ハルは、自分が悪魔に狙われ続けたのは、悪魔を呼ぶアヤの作った旋律が入ったシーケンサーを持っているからせいだと知る。

 そこへハルを探していたジンが駆けつけ、これまでの経緯をハルに説明する。行方不明になったアヤのことを黙っていたことを謝るジンだが、ハルは、アヤが姿を消してからジンの様子がタダごとでなかったことと、シーケンサーに合わせて歌うと悪魔が出てきたことから、アヤは悪魔に襲われてもういないんだと思ってたが、認めたくなくて気付かないフリをしていたと話す。

 ハルは、アヤの後を継いで自分が悪魔を消すと宣言する!

 アツロウがシーケンサーの中のSND11を調べてほしいとハルに頼むと、その曲はアヤから宿題をして渡された曲だと答えるハル。

 SND11はナオヤの資料にあった悪魔を帰還させる曲だと話すアツロウに、まだ未完成だと伝えるハルだが、明日の18時までに山手線内の人間を助けるサイコーの曲を作り上げると言ってくれる。(さっきの悪魔の影響で、シーケンサーが動くようになった)

 

 18:30 渋谷

 アツロウに呼び出された主人公。

 アツロウは、召喚サーバーにアクセスできれば、悪魔を制御することが不可能ではないが、アツロウの実力では明日のタイムリミットまで間に合わないので、ナオヤの協力が必要だと話す。

 

 19:00 渋谷

 明日はいよいよ最終決断の日!

 

 アマネ、カイドー、ナオヤ、ユズ、アツロウ、ジンからメール着信!

 ①アマネからのメールは、主人公が救世主になって、天使に従ってほしいという内容。

 ②カイドーからのメールは、COMP製造所を抑えたいう内容。

 ②ナオヤからのメールは主人公が魔王になって悪魔を統率しろ!という内容。

 ⑤ユズからのメールは、封鎖の外に出たいという内容。

 ③アツロウからのメールは悪魔を制御したいという内容。

 ④ジンからのメールは、悪魔を消したいという内容。

 

 メールを読み終わると、遊び人風の男が、残された時間で運命を変えることが出来るかもと、主人公に話しかけてくる。①神の創る世界、②魔王となる世界、③悪魔を制御する世界、④悪魔を消す世界、⑤他の方法と5つの道があるとのことで、それぞれの道について教えてくれる。

 ①天使の言葉に従い「神の創る世界」へ進む道は、神の望む世界を続ける限り、神の試練は回避される。絶対の秩序によって統治された世界は、不正や争いなど許されない完璧な世界。

 ②ベルの王(魔王)となり、悪魔を配下に置くことで、人間を悪魔の被害から救う道は、神と闘い、未来永劫の自由を勝ち取ることとなり、神の救済は無くなるが、神の裁きや試練も無くなる。当然、弱肉強食の世界になる。

 ③すべて人間が決める世界だが、悪魔の誘惑に屈すれば、再び神の試練が訪れる現状維持の世界。

 ④封鎖前の世界が戻って来るが、悪魔の誘惑に屈すれば、再び神の試練が訪れる。

 ⑤何もかも放棄して、封鎖の外に逃げ出すこと。

 

 19:30

 いよいよ自分が進むべきルートを決めなければ!誰と運命を共にすればいいのだろう?

 

ホンダルート

 今日のデビルサバイバーオーバークロックはどうかな?

 ホンダルート

 6日目 16:30 上野

 悪魔が自衛隊を襲っていて、どさくさにまぎれて封鎖を抜けだそうとする人たちが現れる。しかし、天使が封鎖を突破しようとする人間を襲う・・・

 天使と悪魔が戦いを始め、そこには封鎖を突破するチャンスをうかがうホンダの姿が!

 「人間のために両方倒す」選択をする主人公。

 3隊倒して、「オレたちも出よう」→「それでも逃げるよ」を選択!

 封鎖を突破した主人公たちは、そのあとすぐ山手線内に集中的は落雷があり、山手線内の人々が全員死亡する惨劇が起こったことを知る・・・

 そして、突如現れた天使たちに、常に監視され、自由などない日常が始まる・・・

 mission failed

6TH DAY 決断の刻 前編

 今日のデビルサバイバーオーバークロックはどうかな?

 6TH DAY 決断の刻

 8:30

 さっそくラプラスメールが届く。その内容は、18:00に日比谷野外音楽堂で、主人公、アツロウ、ユズ他多数が焼死するというもの。そして、ラプラスメールの配信は本日で中止。

 時間までに炎に関係するベル・イアルへの対策を考えよう。

 ベルの王になるということは、魔王の力を手に入れることだが、ナオヤから話しを聞かなくては。

 悪魔を消すには、元々アヤのものであったハルのシーケンサーを調べれば何かわかるかも。それと、アヤのことはジンに聞かなくては。

 悪魔を制御するには、サーバーの場所を探さないといけないが、ナオヤとアマネが知っていそうだ。

 封鎖を突破するには、人間や天使と闘うハメになりそう・・・

 

 9:00 永田町

 昨日戦った悪魔使い自衛官たちが、悪魔使いを襲ってCOMPを回収している・・・

 自衛隊を気絶させCOMPを奪い、暴走COMPの電源を切って終了!

 

 9:30 表参道

 アヤのシーケンサーを調べるため、今の持ち主のアヤを探すが見つからない・・・

 ジンにアヤの居場所を聞いてみるが、知らないとの返事。

 ジンに、悪魔召喚プロブラムには、アヤの作った悪魔を呼ぶ旋律が使われていることを説明する。シーケンサーに入っているアヤの作った曲を調べて、悪魔を消したり、制御することができるようになれば、封鎖を解除できるかもしれないと、アツロウは話す。

 ジンは、ハルとアヤがあのシーケンサーで悪魔を呼べる話しを自分にしたことはないと言う。しかし、ジンは、ナオヤと名乗る自分にCOMPを渡した人物が曲の話しをしていたことを思い出す。

 ジンは、こんな状況ならハルは音楽にすがるハズだから、ライブできそうな場所にハルはいるだろうと話し、別れる。

 しかし、ジンの余命は0・・・

 

 10:00 芝公園

 ユズとアツロウがトイレに行ってる間に、レミエルが主人公に話しかけてくる。

 レミエルに、裁定の日は近づき、人間の運命も残りわずかになったと言われ、「何とかしてみせる」と答える主人公。

 それを聞いて、天使は見守っているだけで、人間には手を貸さないが、自分は、主人公を人間を導く標になってほしいと話すレミエル。つまり救世主になってほしいとのこと。

 人が神の御許に首を垂れれば、原初の罪を許され、恒久的な平和が実現し、地上は完全な楽園になると話すレミエルに、「分かった」と答える主人公。

 

 10:30 品川

 一戦終えたイヅナが、倒した翔門会信者から情報を聞きだそうとしている。

 半年前の浅草の事件は翔門会の仕業で、ジコクテンを倒すために起こしたと信者は口を割っている。ジコクテンは東京にいる悪魔で、倒せば悪魔を召喚しやすくなるからとのこと。

 しかし半年前は、まだ召喚プログラムは完成していないはず・・・信者の話しでは、浅草襲撃には、アマネと数人の幹部が関わっていたが、生き残ったのはアマネと幹部1人だけで、ウワサではアマネがジコクテンを倒したらしい。

 信者はイズナの隙をついて逃走。イズナは結局発砲できず、信者を逃がしてしまう・・・

 イズナは、タイムリミットは明日の18時と告げて去っていく。

 

 11:00 神田

 マリから昨日の出来ごとの礼を言われる。

 マリは主人公たちといっしょに戦うと言うので、「良く考えてからならね」と返事する主人公。

 

 11:30 新宿

 人間が悪魔を襲っている場面に遭遇。そこへ悪魔を助けるため、ジャアクフロスト登場!

 ジャアクフロストは、先日、ミドリが愛を教えた悪魔だった。

 「悪魔を助ける」ことにした主人公。

 人間からCOMPを奪い、無事に悪魔を守ることに成功!悪魔だって話せばわかることにビックリ!

 

 12:00 六本木 ヒルズ

 ジンがアヤのことを聞くためにアズマに詰め寄っているが、逆に翔門会信者に囲まれてしまった!そこへ主人公がかけつける。

 アズマは、ベル・ベリト降臨のためCOMPをばら撒いていると話す。

 COMPは自分には通用しないと余裕をこいていたアズマだったが、ジンの攻撃は普通に通ることに驚く。実は、翔門会のCOMPには、上の階級には攻撃できないよう設計されていたのだが、ナオヤがセーフティを勝手に解除してしまっていたのだ!(ジンのCOMPはナオヤがくれたもの)

 主人公たちに叩きのめされたアズマは、自分の作った旋律で悪魔を呼び出すことができたアヤは世界に溶けたと話す。どういう意味か問い詰めると、曲とともに魔界がやってきて、魔界が実体化する時にアヤは消えた。そして、魔界への行き方など誰も知らない、と話し逃げていく。

 タケミカヅチの合体解禁!ジンの余命が1になった!

 アヤが本当にいなくなってしまったと話すジンに、「見つけます」と声をかける主人公。

 もう少し一人で考えてみたいと言って、ジンは去っていく。

 

 12:30 水道橋 東京ドーム

 悪魔使い同士が戦っているので、止めに入る主人公たち。

 COMPを奪い、争いを止めることができたが、いずれ悪魔使いたちは、封鎖を強行突破するに違いない・・・

 

 13:00 永田町

 イヅナが翔門会信者を説得している場面に遭遇する主人公たち。

 アマネのことを聞きだそうとするイヅナの前に、アマネ本人が現れる。

 そこで、イヅナは、半年前、COMP完成前にアマネが浅草でジコクテンを倒したが、どうやって倒したのかを尋ねると、アマネは、ベル・ベリトの配下のイザ・ベルの力を借りたと話す。翔門会が信じるベル・ベリトは、アマネの父である教祖と契約を交わし、アマネの中に、配下のイザ・ベルを遣わしたとのこと。ただし、プログラムの補助なしに、悪魔を呼び出すことは、多大な精神力を消費するので、アマネはその後何日も意識不明だったし、ジコクテンとの戦いで傷ついたイザ・ベルもアマネの中で回復を待っている状態とのこと。

 COMPなしで悪魔を呼べることに危機感を感じるイヅナは、アマネを殺すことを決意する!

 しかし、アマネは、イヅナの実力では自分を殺すことはできない、また殺すことができても、アマネの死によりイザ・ベルがこの世界に解き放たれるので、止めた方がいいと話して去っていく。

 ベル・ベリトに、イザ・ベル・・・王位争いをしているベルの悪魔なんだろうか?

 

 13:30 新宿

 遊び人風の男に出会い、ベルの王位争いについての情報をもらう。

 その内容は、ベルの残りは5人で、最大の力を持ち最もベルの玉座に近いのはベル・ベリト。そのベル・ベリトの下には、二人のベルが付き従っている。一人は、ベル・セブブで、ベル・ベリトに匹敵する実力の持ち主だが、厄介な人の腹心でベル・ベリトに力を貸している。もう一人は、アマネの中にいるイザ・ベル。ベル・ベリトは多くの人間の心の力を手に入れて、力を増したため、ベルの王になれば、多くの悪魔がベル・ベリトに従い、いよいよ神と闘う準備が整うと。

 要するに、天使と悪魔の争いに、人間が巻き込まれたってこと・・・

 

 14:00 表参道

 ジンに声をかけられる主人公たち。

 アヤが消えてしまい、もう戻ることはないと確信したジンは、アヤが愛した世界を取り戻すため、悪魔をすべて消すと話す。

 それに対し、「手伝うよ」と答える主人公。

 悪魔を消す方法をジンに聞かれて、「サーバーを止めればいい」と答える主人公。

 ジンにサーバーの場所を聞かれて、「神の下らしい」と答える主人公。

 翔門会が詳しいことを教えてくれないと話すと、ジンはさっそく行動開始!あとを追いかけよう。

 

 14:30 渋谷

 カイドーから声をかけられる主人公。

 カイドウは、ケイスケのことを探すのを止めたと告げ、拾った命、大事に使えとケイスケへの伝言を頼む。

 借りは返したということらしい。

 

 15:00 品川

 アマネとジンが話しあっているところへ、追いついた!

 レミエルに、サーバーの元に辿り着くことや、悪魔を消すことは不可能だと言われるジン。

 残された時間で人間に出来ることではないというレミエルに対し、「不可能じゃない」と答える主人公。

 その方法をレミエルに聞かれて、「ナオヤの資料がある」と答える主人公。召喚プログラムに歌が使われており、それと同じように帰還させる歌を完成させれば、悪魔を完全に消すことができると説明する。

 歌が完成しなかったら?とレミエルに聞かれて、「サーバーを改造する」と答える主人公。

 それを聞いて、レミエルはサーバーへ至る道を教える気になるが、世界を危機にさらすことになるので、確実な方法を主人公たちが掴んだらと条件を付け去っていく。

 帰還させる歌を期限内に作らなくてはいけないが、どうするのかとユズに聞かれて、「ハルに作ってもらう」と答える主人公。悪魔を延び出すことができるハルが持ってるアヤのシーケンサーに、アヤが作った曲が入っている可能性が高いので、ハルを探そう!

 

 15:30 渋谷

 カイドーに話しかける主人公。

 カイドーも明日、政府に殺されることに気づいている。

 何もかもぶっ壊すと言うカイドーに対し、「全く同感だ」と主人公が答えると、世界を敵に回しても、オレがオマエを守ってやる、オマエもオレを裏切るんじゃねぇと話すカイドー。

 「上等だ」と主人公が答えると、COMPを1台でも多く奪うため、作っている翔門会をまず押さえると話すカイドー。

 カイドーの計画は、力づくでCOMPを集め、実力で封鎖の外に出て、世界を壊すというもの!裏切り防止のため、アツローがCOMPに機能制限を付けるってことで安泰。

 

 16:00 品川 翔門会施設

 信者が、出来あがったCOMPの受け取りにアズマが来ないと話している・・・

 ここがCOMPの製造所か!カイドーに教えてやろう。

 16:00 渋谷

 カイドーに「COMPの製造場所を見つけた」と話しかける主人公。

 場所を教えろと言われて、「場所を教える」を選択。

 

5TH DAY 封鎖の真実

 今日のデビルサバイバーオーバークロックはどうかな?

 5TH DAY 封鎖の真実

 

 8:30

 ベル・イアルのせいで、主人公たちの余命は1。明日、戦って勝たなければいけない・・・

 明後日、山手線内の人間が全員死ぬことになってるが、どうやって回避すればいいのだろう?

 悪魔をすべて倒せば、日常に戻れるハズ。しかし、どれ一つ、確証がない・・・

 滅びの原因を見つければ、対策も立てやすくなるはずということで、イヅナに会いにいくことになる。

 ラプラスメールを知らないミドリに、昨日届いたメールを見せるが、文字化けがひどくなっている・・・

 ミドリは、自分が殺される予言をされてたことにショックを受ける。

 本日のラプラスメール着信!

 ①12:00 九段下でマリが吸血鬼に殺される。

 ②13:00 東京タワー付近で悪魔使い同士が争って、カイドーがケイスケを殺す。

 ③全日 悪魔使いの活動が活発になり暴動激化

 本日の予定は、まず、マリを助ける。それから、カイドーをマリの方へ注意を向けさせて時間を稼ぎ、カイドーがケイスケを見つける前にケイスケを説得する。そして忘れていけないのは、翔門会にナオヤの荷物を取りに行く。

 ふと気付くと、世界が赤く染まっている・・・

 デビオクのプラチナ会員になった!

 

 9:00 上野

 怪しい男と会話して、政府のバックに天使がついてるという話しを聞く。

 9:00 池袋 サンセット通り

 「悪魔使いは死んでもらう」と自衛隊に襲われる!彼らは偶然手に入れたCOMPから悪魔を呼び出してしまったため、仲間であった自衛隊により封鎖内に閉じ込められてしまった部隊で、悪魔使いをすべて倒せば、封鎖を解除できると信じて、悪魔使いを襲っていた!

 何とか敵のCOMPを奪うことに成功!

 

 9:30 秋葉原 中央通り

 人間を襲うケイスケを発見!ケイスケは自分の行いは正しいと信じており、偏見や私情を挟まないよう裁きをヤマにやらせている。

 人助けをしたのに、逆にヒドイ事をされたが、自分は決して人間を襲ったりしなかったと言うミドリの言葉も、そんなケイスケには届かない・・・

 ケイスケが襲っている人間は、食べ物を分け与えようとしてたおばあさんを、殴り殺して食料を全部奪ったヤツとのことで、そんなことするような人間は死ねば良いと言うケイスケ。そして自分の力が欲しければ、声をかけてと言って去っていく。

 ケイスケの言ってることは確かに正しいのだが、それが正義かと言われると極端だと思う主人公たち・・・

 

 10:00 品川

 アマネとその父親である翔門会の教祖が言い争っている場面に遭遇。

 巫女して、この封鎖が神の試練だと、天使の言葉を聞いたと話すアマネ。

 教祖は一刻でも早く主上を呼び出して試練を乗り越えたいのだが、アマネは主上に頼らない方法を天使から聞いている。

 アマネは、人を救うことが一番の目的で、主上以外の言葉を聞く気がなく主上頼みの教祖とは考えが違うようだ。

 

 10:30 品川

 アズマに会い、ナオヤの残したデータの入ったCOMPを受け取る。

 さっそくアツロウに解析を頼むと、ナオヤが暗号でロックをかけてるため、データは数字や読めない記号の羅列・・・

 「悪魔を制御するため」にライブラリを解読する必要があり、アツロウがヒマを見てやってくれるとのこと。

 

 11:00 秋葉原

 プロテクトを解除し、ナオヤの資料を理解しようとしているアツロウ。

 悪魔召喚プログラム=悪魔召喚の儀式の手順の再現。

 悪魔を呼び出すのに必要なモノ=カイドーやケイスケの例でもわかるように、人間の強い思念。

 COMPを使って召喚する時は、召喚に必要な思念の力を別の場所から持ってきている。どこからかというと、ネットからだ!具体的な方法はわからないが、思念をエネルギーに変換しているのだ。

 そして、資料の中には、実験のデータと、「音楽は原初よりの共通言語」という言葉が何度も出てきて、それが「さっきのファイル」のことだと気付く主人公。

 アツロウからコッソリ、絶対に悪魔を全部消そうと思ってるのかを聞かれて、「どうしたの?」と答える主人公。

 アツロウはこの資料の謎を解けば、すべての悪魔を制御することができると話す。

 「可能なの?」と主人公が聞き返すと、作ったナオヤと話されば不可能じゃなくなると答えるアツロウ。

 

 11:30 表参道

 ジンから、昨晩のメールの返事(ハルについて聞きたい)としたいといって話しかけられる。

 他言無用だというジンに、「当たり前でしょ」と答える主人公。

 ハルは幼いころ両親に捨てられ祖母に育てられた。その祖母が死んだときに遺産相続問題が勃発、親族に捨てられ、それ以来、自分はいらない人間だと思い込んで、生への執着が薄くなった・・・

 「そうだったのか」と答えると、ハルはアヤに出会って、歌の世界に入ったと話すジン。自分の想いを歌に変えて、世界に伝えるようになったハル。ハルの歌は、ハルの心そのものとのこと。

 「自分のために歌うの?」と聞いた主人公に対し、歌うことでハルは自分自身を支えていたと答えるジン。悪魔が現れてから、ハルは歌うことを拒否するようになった・・・今のハルはちょっとしたことでも死にかねない・・・ハルは主人公に対しては、心を開いているので、ハルのことを頼むとジンに言われる。

 

 12:00 九段下

 クドラクとマリが対峙している!カイドーの姿も見える。

 クドラクへのとどめは、今、クルースニクが刺さないと効果がないとのこと!

 マリにクドラクを倒させ、他の悪魔の殲滅に成功!マリの余命が2になった!クルーニクス、クドラクの合体解禁!

 マリは「やっと前に進むことができる」と話す。(カイドーのデレるシーンは必見!)

 

 12:30 表参道

 ジンに「悪魔使いのCOMPは誰が配ったのか?」と聞かれ、「翔門会じゃない?」と答える主人公。

 ジンもCOMPを持っており、身を守る程度使っているとのこと。

 封鎖内にはCOMPがあふれており、誰かがばらまいたとしか考えられない。普通、こんな強大な力を持ったら独占するはずなのに、わざと配ってるのはどういうことなんだろう?その理由がわかれば、封鎖の真相もわかるとジンは考えている。

 

 13:00 芝公園

 先日、主人公たちがCOMPを取り上げた悪魔使い警官が「力あるものは正義」と言いながら、また一般人を襲おうとしているところへケイスケが登場。ヤマを召喚し、悪魔使い警官を襲う!

 そこへ主人公たちもやってきて、ケイスケを止めようと説得するが、「正しき人の世界を作る」と言ってケイスケは聞き入れない・・・

 アツロウが何とかごまかそうと言うが、「そんなのはダメだ!」と断る主人公。

 ユズにケイスケと闘うのかと聞かれ、「ヤマだけを倒す」と答える主人公!

 ヤマを倒して、戦闘終了!

 ケイスケはやっと、ヤマだけが正義とは限らない、自分はヤマを利用してその力を使っていたにすぎないことに気付く・・・

 正義は強制するモノじゃなくて、自分で実践して、みんなに理解してもらうものだとミドリが諭す。

 そして、ケイスケは自分の正義を他人に強制していたが、それはケイスケが許すことのできない暴力に訴えるヤツラと同じことをしていると、アツロウも諭す。

 やっとケイスケは取り返しのつかない自分の過ちに気付く!

 しかし主人公は「取り返せばいい」とケイスケに言い、「一緒に行こう」と誘う。(大量殺人犯をあまりにもあっさりと仲間にする超展開にビックリ!)

 ケイスケが再び仲間になり、余命が1になった!ヤマの合体解禁!

 

 13:30 渋谷

 アツロウが空想の話しとして、封鎖の外の世界は5日前にすでに滅んでいて、自衛隊は封鎖内の人々を守っているのかもと言いだして、あんなに家に帰りたがってるユズを怒らせてしまう・・・

 アツロウは真摯に謝って、ユズに許してもらえる。

 

 14:00 赤坂

 イヅナから情報を得ようと赤坂トンネルへ行くと、後ろから悪魔が付いてきてる・・・

 戦闘を始めるが、途中でイズナと伏見が現れ、主人公たちを助けようとしてCOMPから悪魔を呼び出すが、逆に呼び出した悪魔に襲われる・・・

 そこで、悪魔に勝って契約を結べと助言する主人公。何とかイヅナは悪魔に勝ち、契約を結ぶことに成功する!

 戦闘終了後、伏見にどうしてここに来たのかを聞かれて、「話しを聞くため」と答える主人公。

 悪魔との戦いに慣れていないイヅナは、主人公たちの協力を仰ごうと伏見に提案するが、伏見はメンツを重視して、特殊部隊が民間人に協力を求めることに難色を示す・・・

 イヅナは、部隊に対するプライドより、民間人を救うという任務成功に対するプライドのほうが大事だと話し、伏見の説得に成功する。

 イヅナに、一般道に通じる脇道から、地下鉄の永田町駅のホームへ連れて行かれる。ここでなら、誰にも話しが聞かれないという理由とのこと。

 そして、決して口外しないという約束で、イヅナは国家の極秘事項について話し始める。

 東京封鎖の理由は、翔門会が作ったCOMPにより悪魔が人の手で呼び出されたことがわかったので、全国の翔門会信者が集まる日を選んで封鎖を行った。政府は悪魔の事実を知って早い時期に封鎖を実行したため、悪魔に対する十分な対策を持たないまま作戦決行となった。

 COMPだけ取り上げて、無関係な人間を解放することはできないのか?とイヅナに聞いてみると、悪魔の中に人間に化ける者がいて、見分ける方法がないので、それはムリだとの返事。当然、封鎖内にいるイヅナたちも外に出ることはできないのだ・・・

 そして、イヅナはもう一つに事実も話す。それは、政府は悪魔の存在を闇の葬るつもりなので、作戦成功が確認されるまで、事実を知った人間を決して外に出さない・・・つまり、誰も封鎖の外に出す気はないのだ!

 イヅナは頭上に見える数字は余命だと気付いており、その数字がなくなる日が、作戦失敗の日を指していると告げる。

 そして、主人公たちの数字が、他の人間より少ないことを尋ねるイヅナだが、アツロウは、非常に困難だが行動によって余命は変えられるので、絶対に変えて見せると言い返す。

 あと2日過ぎるとどうなるのかを尋ねた主人公に対し、イヅナは封鎖内にいる人間は政府の手によって抹殺されると答える・・・

 「超電磁結界だ」と気付いた主人公はイヅナに尋ねるが、これ以上答えられないとつっぱねられてしまう。

 超電磁結界が本当に悪魔に効くのかの確証はないと話す伏見。が、少なくとも、COMPと悪魔使いは一掃できるとのこと。

 超電磁結界は最終決断で、そうならないようがんばっていると話すイヅナに対し、「信じます」と答える主人公。

 封鎖内でいったい何人の人を殺す気かと怒るアツロウに対し、日本中に悪魔が出現することに比べたら仕方がないと答えるイヅナ。

 それなら決行日を延ばしてほしいというユズに対しては、延ばせば延ばすほど悪魔やCOMPが封鎖を超える危険性が増えると答えるイヅナ。

 「勝算はあるの?」と主人公が尋ねると、きっとみんなを救う方法はあると信じて自分はこの任務に志願したと答えるイヅナ。

 力を貸してと頼むイヅナに対し、「力を貸すよ」と答える主人公。

 最後にくれぐれも口外しないでと言うイヅナと別れる。

 あと2日の間で悪魔を何とかしないと殺される運命・・・「自分たちでやろう!」と話す主人公に対し、仲間たちも賛成してくれる!

 

 14:30 渋谷

 ユズに自分たちは結局どうすればいいの?と聞かれて、「どういう意味?」と答え返す主人公。

 家に帰りたいだけなのに、なんでこんなことしないといけないのかと言うユズに、「・・・ごめん」としか言えない主人公。ごくごく普通のマインドの持ち主であるユズにとって、この過酷な状況下にいることは、もう限界のようだ・・・

 時々他の人に任せて逃げてしまいたいと思うことがあると告白するアツロウに対し、きっとやれると答える主人公。アツロウも限界寸前のユズの手前、弱音を吐けないでいたのだ・・・

 気分転換して落ちついたユズは、もうワガママ言わないから嫌いにならないでと主人公に言う。そんなユズに対し、わざと怒らせることを言って、元気を出させるアツロウ。

 

 15:00 六本木

 主人公たちに気付いたアマネは、いっしょにいたアズマを先に帰し、主人公たちに「はじめまして」と話しかけてくる。

 今、話しかけているアマネは、神に次ぐ力を持つ偉大な天使であるメタトロンの配下である天使レミエルだと言う。

 翔門会と天使の教えは別だが、アマネは天使に賛同して協力している。レミエルは人間を助けるため、姿を現したとのこと。

 そして、今回の一件は人間に課せられた試練で、人間たちの力で収めることができるのか、神の力にすがるかを見守っている。もし人間が神の力にすがれば、神はすぐに人間を救うが、人間は自由を剥奪され、未来永劫、天使に管理されて生かされることになるとのこと。そして更生の余地なしと判断されれば滅ぼされる・・・神としては人間の自主性を求めているので、神も天使もこの試練を人間たちの力で収めてほしいと思っていると話す。要するに、神も天使も、この世界を人間の手にゆだね続ける値があるかどうかを見極めているとのこと。

 「何をすればいいの?」と主人公が尋ねると、悪魔とともに堕落の道へ進むか、神と共に正しき道を進むか、人間の分岐点になるかもしれない重要な局面だと答えるレミエル。

 「重要な局面?」と聞き返すと、人間のもたらす結論の内容によっては審判の時が訪れると答えるレミエル。天使は政府に助言をして封鎖をおこなわせ、この封鎖内で人間がどうするかを監視しており、人間が自らの手で悪魔に対し何らかの正しき対処を行えば、神は人間の行いを許し、この世界は再び人間の手にゆだねられると話すレミエル。

 明日、すべてを焼き尽くす炎との争いが待っているとも話すレミエル。炎を断ち、世界を開くカギを守れとの助言してくれる。

 人間の手によって呼び出された悪魔によるこの混乱を収めたら、封印を解くことができると話すレミエル。

 ついでにサーバーの場所をレミエルに尋ねると、探すことは止めないが、力無き者がサーバーを追えば世界が滅びるので場所を教えることはできないとの返事。

 天使は人間の行いを常に見ていると話すレミエルに、「もし逃げたら?」と主人公が聞き返すと、誰か一人でも封鎖から逃げだしたら、期限に満たなくても試練は終幕し、審判の時が訪れて人の歴史は終わると答えるレミエル。

 「心しておきます」と答えるしかない主人公。

 レミエルが去ったあと、悪魔を全部どうにかする方法を考える主人公たちは、「サーバーを見つける」と結論を出す。

 

 15:30 渋谷 宮下公園

 余命があと2日だと知りヤケになった外道悪魔使いが、一般人相手に暴れている・・・それに引き寄せられるように悪魔出現!

 何とかCOMPを取り上げ、悪魔を殲滅。

 

 16:00 品川 翔門会施設

 翔門会の信者に呼び止められる主人公たち。

 翔門会を探っているのか?と聞かれて、「はい」と主人公が答えると、翔門会の信じている主上は悪魔だと話してくれる。

 信者は、自分はCOMP作製に関わっていたとい話し、翔門会を脱走する前に知っている情報を教えると言ってくれる。

 信者はナオヤの指示でデータや動作の検証を行っていたとのことで、色々と質問をしてみる。

 召喚プログラムの仕組みについては、ナオヤがほぼ一人で行っていたため知らないとの返事。

 従来の召喚との違いは、プログラムで悪魔召喚の儀式に必要な手順をマクロ化し、術者の知識を不要とするものだとの返事。術者の願望、すなわち思念の力の再現はナオヤが見つけたので、自分は知らないとのこと。

 サーバーの場所は、COMPが完成し量産を始めたころ、突然消えてしまったが、アマネだけ知っているようだとのこと。

 アマネはCOMPの開発以前に、古い儀式に乗っ取った方法で悪魔の召喚に成功していたが、アマネの中に強力な悪魔が棲みついているというウワサがある。ウワサでは、アマネが子供の頃、教祖が何かの儀式を行ったらしい。悪魔の召喚には、精神的・肉体的に大きな負担を強いられるためCOMPの作製に着手したとのこと。

 アマネ以外にも悪魔を呼び出せる女がいて、アズマが教団に連れて来て以来、COMPの開発が劇的に進んだとのこと。その女は、自分の作った旋律を奏でることで悪魔を召喚することができたが、どんな悪魔が出てくるかは本人にもまったくわからなかった。つまりは、悪魔を呼び出すと言うよりは、悪魔が出てきやすい状況を作れたと言う方が正しい。

 その女は今どこにいるかは、信者にもわからないが、翔門会のどこかの施設にかくまわれているか、施設を逃げ出したかのどちらかだろうとのこと。

 最後に信者は、アズマかナオヤを探せと言って去っていく。

 そういえばアマネの中にレミエルって天使がいたはず・・・ソイツが悪魔なのか、それとも別の悪魔がいるのか?

 もう一人の悪魔を呼ぶ女も気になる。「もう少し調べよう」と主人公が提案する。

 

 16:30 新宿 神無伎町

 路地裏からCOMPを持った男が出てきたので、「入手経路を探ろう」と提案する主人公。

 男は契約のことを知らずに悪魔を呼びだそうとしたので、アツロウが脅して、どうやって手に入れたかを尋ねると、「黒い上着を着た細い眼の翔門会のオヤジ」との返事だが、そいつは誰やねん?

 翔門会がCOMPを広めてたワケは、「死者を増やすため」だと考える主人公。契約のことを教えずに悪魔を呼び出せば、呼び出した人間は出てきた悪魔に殺され、その悪魔は自由!で、その自由な悪魔がどんどん人を殺す。

 しかし、ユズは翔門会がCOMPを広めていると断定するには、まだ早いと言う。

 

 17:00 赤坂

 再びイヅナへ会いに行く主人公たち。

 「状況を確認しに来た」と言うと、イヅナは、翔門会が信じる主上は、教祖が呼びだしたベル・ベリトという悪魔だと教えてくれる。

 「なぜ力を貸した?」と主人公が尋ねると、悪魔であるベリトは神と敵対しているので、神の試練に異を唱えた教祖に力を貸したと、イヅナは教えてくれる。つまり、教祖は信心をベリトに捧げ、信心の力を自分のものにしたベリトは翔門会の願いをかなえるという関係だと。

 封鎖内では翔門会を信じる人の数が増えていると話すイヅナに、「ベル・ベリトの力が増す」と答える主人公。つまり、政府がベリトの力を増す手伝いをしてるようなものだ・・・

 神の試練は本当に来るのか?と尋ねるユズに、レミエルが話した通り「この封鎖こそ試練だ」だと答える主人公。

 イヅナは他の人にしゃべったら銃殺だと言って、人間が悪魔を呼び出したことに怒った天使が現れて、政府に東京を封鎖させた。そして、7日以内に人間の手で悪魔に対処することができなければ、人間は自由を剥奪され、神の管理下に置かれると話してくれる。

 「それが本当の試練か」と答えると、いつか来る神の試練に恐れた人間が、悪魔の力を頼ろうとした結果、自らの手で神の試練が始まるきっかけを作ってしまったと話すイヅナ。

 

 17:30 永田町 霞が関

 ナオヤに話しかけられる主人公たち。

 ナオヤに姿を見て、ケイスケは、自分にCOMPをくれた人だと言うので、アツロウが、ナオヤは主人公の従兄で、主人公たちにCOMPをくれた人だと話す。

 無事な姿を見て安心したと話すナオヤに、「ナオヤのおかげだ」と答える主人公。

 用がなければ行くぞと言うナオヤに、「資料を見たよ」と告げる主人公。召喚には思念が必要なこと、音楽を使っていること、思念はネットにあることをナオヤに話すと、悪魔召喚の基本事項は理解したと言われる。

 引き止める理由は何だ?とナオヤに聞かれて、「サーバーの位置を聞きたい」「全ての悪魔を制御する」と答える主人公。

 サーバーはこの世界にないし、たとえ辿り着いてもプログラムの書き換えは不可能だと話すナオヤ。

 ナオヤのせいで封鎖に巻き込まれたと怒るユズは、封鎖から出してとナオヤにくってかかるが、ナオヤは、生き延びたければ、自分の意思と、その力で、立ちはだかる者を蹴散らしてみろと挑発する!

 そして、ベル・デルを倒した力を俺に見せてみろと言って、ナオヤは悪魔を呼び出した!そして、主人公たちが勝ったら質問に答えると言い放つ。

 やる気が出てかと言うナオヤに対し、「もちろんだよ」と答える主人公。

 主人公が3回行動するまでに悪魔を6体以上倒せと条件をつけるナオヤ。

 神は平等か?とのナオヤからの問いに、「思わない」と答える主人公。

 ナオヤの条件をクリアして悪魔を全滅させ、ナオヤに質問してみる。

 なぜ巻き込んだかを聞いてみると、はるか昔からずっと、お前は巻き込まれたと答えるナオヤ。お前が神に愛されたゆえにとのこと。

 ナオヤの目的を尋ねると、主人公をベルの王位争いに勝たせるためとのこと。理由を聞いてみると、答えてはくれなかったが、ベルの王は魔王で、悪魔を従えることができると教えてくれる。

 サーバーの場所を聞いてみると、この世界になく、今のお前には資格がないと答えるナオヤ。

 最後にナオヤは、悪魔召喚プログラムは、悪魔を呼ぶ旋律を奏でられる唯一の存在である彼女の提供したデータを使用して動作していることを教えてくれる。そして、彼女の名前はアヤで、詳しいことはアズマに聞けといって去っていく。

 アツロウに、ベルの王位争いに勝ったらどうするつもりか?と聞かれて、「世界征服かな」と主人公が答えると、猛反対される・・・

 

 18:00 秋葉原

 アツロウが、ケイスケに高校に入学してから何があったのかを尋ねると、イジメられているクラスメートをかばったら、ケイスケがイジメの対象に代わった。しかも、かばってやったクラスメートまでケイスケのイジメに加担するというサイアクは結果になった・・・だから、ケイスケは、恩を仇で返すようなヤツラを許すことができなかったことがわかる。

 

 18:30 表参道

 ジンに話しかけられる。

 ジンは、自分やアヤは東京が好きだから、必ず元の東京を、アヤの帰ってくる場所を取り戻してみせると話す。元の東京とは、悪魔がいない世界で、自分ひとりでもやるつもりだと。

 

 19:30 渋谷

 あと2日で封鎖内の生物は超電磁結界で蒸し焼きにされ、電子機器もパァ。つまり、COMPも破壊される。ということは、COMPで呼び出された悪魔にも影響がありそう。しかし、その前に、悪魔に対して何らかの正しき対処を行わないと!しかし、なぜレミエルは自分たちにわざわざその話しをしたのか?

 それと、なぜナオヤは主人公をベルの王にさせることを選んだのか?

 

 5日目までのまとめをやってみる主人公たち。

 封鎖とタイムリミット:封鎖は悪魔とCOMPを山手線外に出さないため行われた。残り2日で、悪魔に対処できなければ、政府は封鎖内の人間ごと悪魔を始末するつもり。その政府の背後には天使がいる。

 レミエルの話:あと2日でこの試練を何とかしないと、神は人間を見限るつもり。失敗すれば、神による完全統治が始まり、人間は自由を剥奪される。へたすれば抹殺されるかも・・・

 ナオヤの事:ナオヤの目的は、主人公をベルの王位争いに勝たせること。しかし、それは過程で、真の目的は別にありそう・・・それと、悪魔を呼ぶ旋律を奏でるアヤは、ハルの知り合いのアヤと同一人物だろう。

 翔門会について:翔門会は神の試練から人々を救うために信者を集めている。そして、悪魔召喚プログラムをナオヤに依頼した。それから、アマネの中には天使レミエルがいて、アマネはそれに従っているため、翔門会とは違う考えを持っている。

 

 明日はベル・イアルとの戦いがある。

 

 20;00 メール着信

 アマネからのメールは、主人公がベルの王になって、すべての悪魔を神の下にひざまずかせるなら、その手伝いをしたいという内容だったので、「考えておくよ」と返信。

 ジンからのメールは、ジンのCOMPから出てきた悪魔はタケミカヅチで、日本への悪魔と天使の侵入から守る存在ということと、悪魔のいない世界を取り戻したいという内容だったので、「アヤさんについて知りたい」と返信。

 カイドーからのメールは、マリを助けた礼と、お互いに死ぬなという内容だったので、「最後まであきらめないで」と返信。

 ミドリからメールは、自分の行為は押し付けだったことがわかったので、本当の正義について考えてみるという内容だったので、「こちらこそよろしく」と返信する。

 ケイスケからのメールは、あの時の自分は力に飲み込まれていたので、力に飲まれずにいる主人公の強さが少しでもいいから欲しいという内容だったので、「オレだって弱いよ」と返信。

 ユズからのメールは、生き延びることを第一に考えてという内容だったので、「ユズのために出口を探すよ」と返信。

 アツロウからのメールは、ケイスケを止めてくれた礼と、悪魔召喚プログラムに使われている悪魔を呼ぶ旋律を手に入れたいという内容だったので、「曲について、調査しよう」と返信。

 

 

4TH DAY 崩壊する理性

 今日のデビルサバイバーオーバークロックはどうかな?

 

 4TH DAY 崩壊する理性

 

 8:30

 アツロウから、政府が封鎖する理由は、悪魔が人間にとって危険だから。つまり、封鎖をとくには東京から悪魔がいなくならないといけない。それはちょっとムリっぽいので、悪魔を消す以外に封鎖を解除する方法を考えてみたら、COMPで呼び出した悪魔は自分たちの言うことを聞いているように、悪魔を完全に制御できれば封鎖の理由がなるなるハズと言われる。

 ただそれをどうやって実現するかが問題だ・・・

 そこで、悪魔召喚プログラムをサーバーを解析し、制御の原理を調べて、再現すればいいと話すアツロウ。

 ところで、そのサーバーの位置なんだが、もちろん不明・・・

 翔門会がナオヤに依頼して作ってもらったのだから、翔門会なら知ってるはずってことで、翔門会の人間にサーバーの位置を教えてもらおうということになる。

 そして、本日のラプラスメール着信!

 ケイスケは、今までもらったことはないと話す・・・ということは、ラプラスメールは、主人公、アツロウ、ユズの3人だけが受け取っていたのか!

 本日のラプラスメールは、11時にミドリが悪魔使いに対する迫害で死亡、17時にハルが自殺するという内容・・・

 ミドリが悪魔ではなく、守ろうとした人間に殺されることに憤慨するケイスケ。このままでは、善意で人助けをしている悪魔使いも狙われることになるから、そういう人に危害を加えるようなヤツは、先に倒せ!と叫ぶ。

 どうやらケイスケは、恩を仇で返すような人間は絶対に許せないらしい。

 一般人に悪魔の力を向けることに反対なユズの話を聞き、ケイスケはグループを抜け、余命が1になる・・・

 これからはCOMPの使い方に注意しないといけないと話す主人公たち。

 ケイスケはミドリを救おうとしているから、二人が同じ所にいる可能性が高い。二人を探して、助けよう!それと、死にたがりのハルも助けよう!

 

 9:00 六本木

 「日本政府は、もっと早急に最終決断を実行すべきだ」と話す神秘的な女性に、どういう意味か尋ねる主人公。

 すると「日本政府と、それを信じたレミエルは手ぬるい。人間など見捨ててしまえばいい。」との答え・・・

 9:00 池袋

 「悪魔同士が戦っている」と逃げてきた人に出会う。どうやら片方はミドリらしい。

 逃げた来た人によると、悪魔をつれたミドリを襲うために悪魔が現れたとのこと。そして、ミドリのことを悪魔を呼び寄せる魔女だと言う・・・

 いそいでミドリの元へ駆けつける主人公だが、ミドリは悪魔退治を完了したと言って得意顔で去っていく。

 ミドリは人助けのつもりで悪魔を使役して悪魔退治をしてるのだが、周囲の人たちが悪魔をつれたミドリのことを怖がっていることにまったく気づいてはいない・・・

 このままではラプラスメール通りになってしまうと確信した主人公は、「彼女を説得しよう」と決心する。

 

 9:30 新宿

 物資コンテナの前では、力ある者が物資を独り占めし、ケンカが起きている・・・物資は子供や老人には行きわたらないようだ。

 「自分たちのを分ける?」と提案する主人公。

 

 10:00 芝公園

 アマネが「与えられた試練に打ち勝って、神様に近づきましょう」と人々に翔門会の教えを説いている。

 アツロウは、「翔門会がCOMPを使って悪魔を呼び出して、それを倒すことが、試練というのはおかしくないか?」と言い出す。

 アマネが主人公たちに近づいて、「完全なる存在の神が、人間を誘惑する悪魔のような存在を、なぜ作ったのか?」と質問してくるので、「それが試練だから」と主人公が答えると、悪魔とは、神に謀反するものとして、初めから生み出された存在で、人間を惑わし堕落させるもの。その悪魔の力を手に入れ、それでも誘惑に負けない心を持った時こそ、人間の革新だ!だから翔門会は悪魔を使役いるのだと、答えるアマネ。

 主人公が「神の試練」についてアマネに尋ねると、バベルの塔を作ったときに、神の与えた試練に敗れた人間は、言語を分けられ意思疎通を阻まれたが、現在、言語と距離の壁を超え手を取り合う準備が整った。この状況を良しとしない神は必ず試練をもたらすだろう。それに打ち勝てば、神は人間の成長を喜ぶだろうと答えるアマネ。

 翔門会では、神の試練に対抗できる力を持った主上を、人の力で招くため、COMPを作りだしたとも話すアマネ。

 ついでにサーバーの場所を尋ねる主人公だが、「教えたところで、辿り着くことは出来ない」というのがアマネの返事。悪魔を呼び出すことができるサーバーが普通の場所にあるわけないってことらしい・・・

 さらにCOMPについてアマネに尋ねると、COMPは悪魔を召喚する道具にすぎず、それをどう使うかが大事だと答え、去っていく。

 バカにしてると怒るユズに、「誘ってるんだ」と答える主人公。

 アツロウも、アマネはわざと自分たちにサーバーの場所を調べさせようとしていると話す。

 

 10:30 品川 

 翔門会の施設前で、以前ハルと話していた翔門会の幹部の男の姿を見かけて声をかける。

 男はアズマと名乗り、こちらの話しを聞いてくれる。

 まずナオヤの居場所を尋ねると、悪魔召喚プログラムを組みあがるまではここにいたが、完成後姿をくらまし、足取りはつかめておらず、明日にはナオヤの部屋は片付ける予定だとの返事。

 ついでにサーバーのことも聞いてみると、人間の手の届かない存在となり、神の御許へと届けられているとの返事。要するに、サーバーは神の国にあって、神にしか触ることができない存在になっているとのこと。

 さらにベルの王位争いについても聞いてみるが、翔門会の規則により、神や悪魔のついて語ることができるのは2人だけとのことで、アズマはその人間を呼んできてくれる。

 やってきたのは教祖で、主上は、神と呼ばれる存在以上の力を持ち、神の試練に打ち勝てる方だと教えてくれる。

 ベルの王位争いについて尋ねると、ベルの王になるお方はすでに決まっているとの返事。

 ベル・イアルは、聖なる邪炎の異名を持ち、ソドムとゴモラに享楽と退廃をもたらせたもので、炎の化身だと教えてくれる(悪魔ベリアルのことらしい)。

 

 11:00 池袋

 ミドリが、悪魔を呼ぶ魔女として、暴徒に襲われている・・・

 暴徒を追い払うことにするが、悪魔の力で攻撃すると一般人を殺しかねないので、手加減すること!

 無抵抗で暴徒に襲われているミドリを助け、逃がそうとすると、恩を仇で返す行為に怒り狂ったケイスケ出現!

 正義を欲するケイスケの強い思いに反応して、ヤマ(エンマ大王)召喚!

 「生きているだけで害になる奴は、生きている資格はない!」とデスノートのライトみたいなことを言って、自分の正義を振りかざすケイスケ。

 何とかケイスケを倒して、バトル終了!

 しかし、助けたミドリは、余命は0のままだし、まったく懲りてないらしく、自分の正義を貫くと言って去っていく・・・

 

 11:30 池袋

 悪魔に襲われた人の中に、アツロウの知り合いの10BITを発見!

 10BITは、自分はもう助からないと言って、アツロウに政府が重大な事実を隠していると告げる。

 10BITは、知り合いのジャーナリストからファイルを預かったが、彼はその後失踪・・・10BITも追われる身になってしまった。このCOMPの中に自分が見つけた事実があるといって、アツロウに自分のCOMPを渡して、10BITは息を引き取る・・・

 10BITは、アツロウが前に話した失踪した知り合いだったのだ!

 「涙も出ない」というアツロウに対し、「疲れているだけだ」と声をかける主人公。

 

 12:00 秋葉原

 10BITのCOMPを解析しようとするアツロウだが、このCOMPはパスワードを一度でも間違うと、二度と開かないので、10BITの設定しそうな4桁のパスワードをみんなで考えてみる。

 10BIT=2^10=1024

 0から数えて1024番目ということで、1023がパスワードだ!

 10BITのCOMPを解析すると、PSE法(専門機関の検査を受けていない特定の電化製品は、販売できないという法律)適合商品の中身に謎のチップが埋め込まれているおり、その事実を知ったジャーナリスは失踪・・・10BITが、その謎のチップの中身を調べると、特定の信号を受けると、任意の出力に電源をコントロールするチップであることが判明。それは、政府の機密であり、PSE法の真の目的である「超電磁結界」を作るための装置だったのだ!(要するに、超電磁結界=電化製品を同時に動かして、大量の電磁波を発生させて、中にあるものを沸騰死させる、巨大電子レンジ兵器)

 

 12:30 渋谷

 ナオヤが悪魔召喚プログラムやサーバーを作っていた翔門会の施設には、何か手掛かりがあるとにらむ主人公たち。

 「従兄」だとアピールすれば、何の問題もなくナオヤの荷物を引き取れるハズ。部屋を片付けられる前に、荷物を引き取りに行こう!

 

 13:00 表参道

 殺気だった人々が、悪魔を呼び出し町中にバラまいた魔女を探している!またミドリが人助けをしようとして、悪魔を召喚したことが誤解されてるのだ・・・

 ミドリを探す人々がいなくなったのを確認してから、ミドリに話しかける主人公たちだが、ミドリは人助けは正しいことで、それが誤解されてるだけだと主張する。

 人助け自体は悪くないが、今のミドリは正義の押し売りをしてるとユズが諭す。普通の人には、COMPから呼び出した仲魔とただの悪魔の区別がつかないし、COMPを悪用してる人間もいるから、COMPを持ってるミドリが良い人か悪い人かもわからないし、悪魔使いすべてが怖いと思っている。そんな普通の人に悪魔の力を見せつけたらどう思うのか、助けられる普通の人の気持ちも考えようとミドリに話すと、やっとミドリは気付く。

 ミドリの正義の押し売りは、ミドリの父親が「周りの人が認めなくても、正しいことをしなさい」とミドリに言い聞かせたことが原因だった。正しいことを正しいと人に伝えたいなら、余計、方法を選べと諭すアツロウ。

 ちゃんとヒーローになりたいから、悪魔を見せびらかすのは止める!ついていって勉強させてほしいと言って、ミドリが仲間になると、余命が2になった!

 

 13:30 芝公園

 公園には、翔門会の庇護のもと、救いを待つだけで何もせずダラダラしている人々の姿があり、それを見て、イライラするユズとアツロウ。

 同じように人々を冷たく見ているジンに声をかけられる主人公。

 ジンから、恋人のアヤが、半年前の雨の日に、傘がないから駅まで迎えに来てという電話を最後に姿を消してしまったと言われる。ジンは色々調べて、駅前でアヤが翔門会の車に乗ったという目撃情報を得て警察に行くも、警察は通勤時間の出来ごとのため、事件性が薄いと言って、結局、何の報告もないとのこと。

 「協力しましょうか」と声をかける主人公。翔門会に聞いてみるとジンに話すと、どんな小さな情報でも教えてほしいと言われる。

 

 14:00 表参道

 アヤの調査をすると、アヤが翔門会のエライ人といっしょにいることを見たという情報得る。

 14:00 品川

 翔門会でアヤのことを聞くと、追い返されたが、翔門会の信者は「アヤ様」って言ってた・・・

 14:00 六本木

 翔門会の信者にアヤのことを尋ねると、「アヤ様はアズマ様の御客人だ」と言われる。

 14;00 品川

 再度アヤのことを翔門会の信者に尋ねると、アズマは明後日正午に、六本木ヒルズに行くから、そこで直接アズマに聞けと言われる。

 14:00 表参道

 ジンに翔門会のアズマからアヤのことが聞けそうだと伝え、明後日、正午にヒルズだと教えるが、ジンの余命が2に減ってしまう・・・

 

 14:30 新宿 神無伎町

 悪魔使いが一般人から財布と食糧を奪おうとしている。

 COMPを取り上げよう!

 主人公たちが助けた一般人は、昨日ミドリが助けた人で、主人公たちに悪い悪魔使いに間違えられないように気をつけるようにと感謝の言葉を伝えて去っていく。

 

 15:00 水道橋

 一般人にからまれたカイドーとホンダが逆ギレして、一般人相手に悪魔をけしかけている。

 一般人を逃がすことを優先だ!

 

 15:30 神田

 ショウジに出会い、悪事を行う悪魔使いが出てきてることで、悪魔使いは民間人の敵だと思れるようになったと聞かされる。

 それから、ショウジは、天使が自衛隊に指示を与える場面を見たと話す。

 ショウジから、封鎖の真実を聞かされる。それは、改造COMPを作った翔門会の夏季大会が、封鎖の前日と当日に行われていた。COMPを持てるのは翔門会の中で高位の狂信的な信者のみで、当然、夏季大会に参加してた。事件前から悪魔の存在を知っていた政府は、彼らが集まる日を狙って、封鎖したのだ。もちろん、自衛隊の背後には天使いる。

 ショウジに、「政府のチームに会った」と話すと、ショウジから存在自体が公表されていない陸上自衛隊のSTF(特別機動部隊)が封鎖に関わっていると教えてくれる。STFは有事の際、自衛隊、警察、消防の上に立って動かせるチームだと。

 ショウジに居場所を聞かれて、「赤坂トンネル」と答えると、もう少し情報を集めてくるといって別れる。

 

 16:00 渋谷

 カイドーから、ダイモンズのメンバーが悪魔使いに襲われたが犯人はお前らか?と聞かれる。

 カイドーから詳しい話しを聞くと、生き残りの話しでは犯人はメガネのヤローで、正義の裁きとかしゃべったとのこと。

 ケイスケのことらしいが、「知らないね」とごまかしておく・・・

 カイドーはケジメをつけると言って去っていく。

 「ケイスケとカイドー両方に対処」することに。とりあえず、ケイスケを説得するまで、カイドーを止めないと!

 

 16:30 品川

 アズマに会い、「従兄」だとアピールして、ナオヤの荷物を引き取りに来たと話すと、ナオヤが残したものは意味のない数字の羅列ばかりとの返事。

 それでも欲しいと言うと、荷物をまとめておくから 明日取りに来るようにと言われる。

 

 17:00 渋谷

 ラプラスメールでハルの自殺が予言されている時間になった・・・

 ハルが「アタシが悪魔を呼んだから、封鎖された」とつぶやいている。

 「そうじゃないよ」と声をかける主人公。

 ハルは自分の歌のせいで悪魔が出現したと思っているのだ。

 「もっと前から悪魔はいる」と主人公が言うが、ハルは信じない・・・

 半年前(ハルが歌で悪魔を呼び出しすより前)から始まった連続吸血鬼事件の犯人は悪魔だと、ユズが言うと、ハルは自分が早とちりしてたことに気付き、余命が2になった!自分のせいで悪魔が出現したと思い悩んでいたハルの自殺を止めることに成功!

 

 17:30 渋谷

 慌てて向こうへ走っていくマリの姿を見かけて追いかけると、吸血鬼クドラクに襲われそうになっている!

 なんか口調が変わって様子のおかしいマリ。クドラクは倒すと強くなってよみがえるから、今は倒すなと言う。

 マリを脱出させると、マリの余命が1になった!

 今のマリは、吸血事件の犯人を捕まえたいというマリの想いに呼び寄せられたクルースニクという吸血鬼クドラクと闘う者が宿っているとのこと。

 吸血鬼クドラクは、正しい手順で殺さないと、強くなってよみがえると話すマリ(クルースニク)。それなのに、クドラクを倒すのに必要な白き羊膜の粉末を、入れていたマリのバッグごと奪われてしまったと話す。

 アツロウはマリがいつも持ち歩いているバッグがどんなのかを覚えているので、探して届けると約束する。

 

 18:00 九段下

 警官が盗んだ食料と金を置いてけと言いながら、悪魔を呼び出して通行人を襲っている!

 何とか通行人を助け、警官からCOMPを取り上げることに成功!

 

 18:30 神田

 マリのバッグを探して、目撃情報をゲット。

 18:30 秋葉原

 マリのバッグをとったのは、気弱な会社員という情報をゲット。

 18:30 上野

 マリのバッグの中をあさっている男を発見!

 男は、変な奴に頼まれたと話す。このバッグを盗めば、食い物をくれると言われたとのこと。

 男は素直にバッグを返してくれる。

 おそらくバッグを盗ませたのは、クドラクだろう。

 18:30 芝公園

 ケイスケを探しているカイドーに出会う。カイドー自身はもともと群れるのは苦手で、兄から継いだチームのことはめんどくさいと思ってるが、メンツがあるので、下のモンがやられたからケジメはしないといけないのだ。

 カイドーにこの力をどうする気か?と聞かれて、「自分のために使う」と答えて、気にいられる主人公。

 去ろうとうするカイドーに「マリの話をする」主人公。カイドーに「マリのバッグを渡す」。

 これがないと吸血鬼を戦えないと、カイドーに話すと、マリにバッグを届けることを了承してくれる。

 

 19:00 渋谷

 今日あったことをまとめてみる主人公たち。

 吸血鬼を倒す白い羊膜は、マリのバッグの中にあり、カイドーにそのバッグをマリに届けるように頼んだ。

 自衛隊の裏で天使が糸を引いているとショウジが言ってたが、なんで天使が協力してるのだろう?

 悪魔召喚プログラムのサーバーは、人の手に届かない場所にあると、翔門会が言ってたが、それってどこ?

 

 メール着信。

 ジンからのメールは、カイドーとマリのことを頼むという内容だったので、「ハルの事を詳しく」と返信した。

 ホンダからのメールは、出口を探そうという内容だった。

 カイドーからのメールは、ケイスケの情報を求める内容だったので、「オレが探すから、動かず待って」と返信した。

 ミドリからのメールは、人助けをがんばるという内容だったので、「本当にヒーローになりたいんだね」と返信した。

 ケイスケからのメールは、自分のやることにジャマするなという内容だったので、「だけど、やりすぎだ」と返信した。

 ユズからのメールは、悪魔使いと一般人との溝が広がってきてるという内容だったので、「出来る限り、頑張ろう」と返信した。

 アツロウからのメールは、ケイスケを止めなきゃという内容だったので、「アツロウならできるよ」と返信した。

3RD DAY ベル・デル

 今日のデビルサバイバーオーバークロックはどうかな?

 

 3RD DAY ベル・デル

 

 8:30 渋谷

 ラプラスメールが届くが、本日18時ごろ、青山霊園でベル・デルが復活して犠牲者は300名以上という内容・・・

 そこへケイスケがやってきて、昨日、ケイスケがCOMPの使い方をミドリに教えたら、ミドリがCOMPを使って人助けをすると言い始めて、余命が2に減ってしまった(つまり明日までの命)と伝えに来る。ケイスケはミドリにCOMPを手放すように諭すが、聞き入れてもらえず困っているとのこと。ミドリは自分の頭上の数字は見えているが、ケイスケの話をちゃんと聞いてないので、それが自分の余命だとは知らないのだ。

 ミドリを助けると返事すると、ケイスケが仲間になる!そして、仲間になったことで、ケイスケの余命も0に・・・

 主人公の他人を助ける姿を見て、自分もちゃんと生きてたいと話すケイスケ。ケイスケは自分がCOMPの使い方をミドリの教えてしまったことで、このままではミドリを殺してしまうかもしれない。だから、何としてもミドリを止めなければと思っている。

 

 9:00 神田

 ショウジに出会い、赤坂トンネルが封鎖されてたことを伝える。

 ショウジは悪魔に襲われたが、ナウでヤングな男(たぶんジン)に助けてもらったと話す。

 ショウジにベル・デルっていう不死身の悪魔のことを聞いてみるが、知らないとの返事。

 ショウジから、COMPを持つ人間だけが、あと4日で世界が滅びると言っているいうウワサがあることを聞かされる。

 

 9:30 表参道

 余命の見えない怪しい男が何かブツブツ言っているのを聞く。男は、まるで自分が悪魔のような口ぶり。

 

 9:30 赤坂 赤坂トンネル

 秘密のトンネルを探すため再び赤坂トンネルへ。

 昨日の銃を持った女に見つかってしまう。女に、「悪魔使いだとわかってるから、人々に被害を与える早く悪魔を消せ!」と言われたので、自分たちは翔門会の信者ではないし、COMPを悪用していないと説明する。そして、主人公たちが銃をつきつけられても悪魔を出さなかったため、女に信用される。

 女は答えられることは答えるといい、封鎖の原因は悪魔の出現で、彼らが悪魔を使役しているのが政府の知るところになったから、彼らが集まるタイミングで封鎖をおこなったとのこと。結局、彼らの正体は教えてくれず・・・

 そこへ無線が入り、封鎖を突破しようとしたデモ隊の一部が自衛隊に射殺されたと伝える。

 女は、悪魔に日本全土を奪われないため、東京を封鎖しなければならないといい、主人公たちも封鎖の外に出ようとすれば射殺すると言う。

 女は、イヅナ一尉と名乗り、悪魔を一掃するためにやってきた特別対策チームの一員とのこと。

 そこで、4日後に何かが起こるとイヅナに伝えると、イヅナは何か知っているようで、そんなことは絶対にさせないとつぶやくが、これ以上話すことはないので戻れとの返事。

 トンネルの外に出ると、ケイスケは、封鎖の隙なんてないと言い始める。

 そこで、封鎖の原因を取り除く方法を考えることに。つまり、悪魔を消す方法だ!まずは悪魔や神話に詳しい人間から情報を集めよう。

 

 10:00 東京 野外音楽堂

 悪魔の一団が野外音楽堂に向かっているので、後をつけると、ハルが歌ってる。悪魔たちの話しから、悪魔はハルが使う原初の言葉が欲しいようだ。

 悪魔を全滅させ、無事にハルを救出!ハルの余命が1になった!しかし、ハルは死にたがっているようだ・・・

 ハルに、昨日出会ったハルを探す怪しい男のことを伝える。

 ハルは、何とかして、電池切れのシーケンサーの中のデータを見たいとの話す。前の持ち主から、このシーケンサーに入っている曲を最後まで完成させろと言われるからとのこと。

 ハルに、食事に誘われる主人公。それを聞いて、嫉妬するユズ。

 ケイスケから、悪魔を出すと、ただの悪魔と使役してる悪魔の区別がつかない一般の人に、今回の事件は悪魔使いの仕業だと誤解されてしまうかもしれないので、一般人の前では悪魔を出さないようがいいと言われる。そして、ミドリが悪魔使いと称して、悪魔を見せびらかしてるので心配だとも話す。

 

 10:30 新宿

 ナオヤの姿を見かけ追いかける主人公たちだが、繁華街で見失ってしまう。そこへ余命が見えない遊び人風の男が、ユズをナンパする。

 男は主人公を見て、ナオヤの知り合いだと言い、主人公の余命が0なのは、ベル・デルによって殺されるからと告げる。

 そして、男は、「ベル・デルは、昔、この世に存在するすべてのものたちと契約した結果、契約したものから傷つけられることはなくなった。だが、契約をなしていないものがたった1つだけあり、それが封鎖内にある。それを見つけることができれば生き残ることができるかも」と話して、消えた。

 

 11:00 九段下

 偶然にも、またハルに出会う。何か縁があるかもと言われる主人公。

 ハルから、「自分の周りは浅い付き合いばっかりだった」と言われ、詳しく聞いてみると、ハルは小さい頃に親に捨てられて、親戚中をたらいまわしにされ、最後に引き取ってくれた祖母が病死した時に、親戚中で遺産相続でモメたため、本当の自分を隠して卑屈に笑うことしかできなくなった。今でも、人前で歌いながら、本当にみんなは自分の歌を聞きたいのか、自分の声がみんなに届いているのかが不安なのだと話す。そして、歌は人を幸せな気分にするものなのに、自分が歌ったら不幸になりそうだとも話す。

 ハルから、死んでもいいと思ったことはないか?と聞かれるが、言ってからすぐにハルは「今のはナシ」と言って、去っていく。

 

 11:30 水道橋

 またハルに出会う。

 もう少しマシな話しということで、ハルから、学校を中退した後、アルバイトをして一人暮らしをしていたが、生活はギリギリで、生きる意味なんてない毎日を送っていたが、アヤに出会い、歌い始めてから、生きる意味が見つかったという話を聞く。

 そして、しばらく前から、アヤからの連絡がなくなって心配だとも、ハルが言うので、「探してみようか」と答える主人公。すると、アヤは音楽の勉強で海外にいるとジンから聞いているので、何かわかったら教えてほしいと話すハル。

 そして、自分に歌をくれたアヤは、自分にとってとっても大切な人だから、アヤのためなら自分の命も惜しくないと話して去っていくハル。

 

 12:00 表参道

 ジンに出会う主人公たち。

 ジンから、事故にあった友人が、電気もつかず、薬も足りない病院で、ロクな手当ても受けず亡くなったという話を聞く。

 

 12:30 池袋

 悪魔が出たと言う声を聞き、現場に向かうミドリ。そんなミドリを見かけて主人公たちは、後を追いかけると、ミドリは「愛の戦士マジカル・ドリー」とか何とか言いながら、悪魔を呼び出して、人助けを始めるが、一般人はビビりまくってる・・・

 なんとか一般人を逃がして、悪魔を全滅させる!落ちついたところで、ミドリを説得しようとしたら、ベル・デルが出現!不死身というだけあって、攻撃がまったく効かない・・・

 戦うと言い張るミドリを何とか説得して、全員で脱出に成功。

 相変わらず強気な発言のミドリに対し、次は死ぬぞと言ってしまう主人公。

 あたしは負けないと言って、戦うことを辞めないミドリに、頭の上に見える数字が余命であると説明するケイスケ。しかし、主人公たちの余命が0なのに生きてることに疑いを持ったミドリは、主人公たちの話しは一切聞かないと叫ぶ。それに、いくら自分が死ぬからといって、他の人は見殺しにはできないといって、ミドリはどこかへ行ってしまう・・・

 18時までに、ベル・デルを傷つけることができるモノを探し出さなくては。

 

 13:00 品川 千岳寺

 アツロウがノートPCを使って、データ解析を行うため、充電器をがんばって回す主人公とケイスケ。

 なんとか、傷つけることができないベル・デルを、ロキが彼の弟を騙して、ヤドリギで殺させたという情報を見つける!

 (これって、北欧神話の光の神バルドルの話しだよね)

 ヤドリギを探しに行こう!

 

 13:30 永田町 国会議事堂前

 怪しげなスーツ姿の男が何かを隠し持っている。

 13:30 水道橋

 町の人から、宿り木のある場所は、九段下のアクサセリー売りに話を聞いてみたらと言われる。

 13:30 九段下

 アクセサリー売りにヤドリギの場所を聞くと、さっき軽そうな男が「必ず欲しがる人がいるから」と言って店の前に置いてったが、「17時に国会議事堂だ」と話すスーツ姿の男に買われたとの返事。

 13:30 渋谷 宮下公園

 子供の泣き声がすると走り出すユズ。探すと木に登ったが降りられらなくなった子供を発見。

 悪魔を使って木から下ろすと、余命が1から4に増えた!しかし、悪魔が怖かったのか、お礼もそこそこに走り去ってしまう・・・

 アツロウは、悪魔はきちんと制御すれば人間の役に立つと話すが、ユズは、悪魔に殺された人も大勢いるし、自分たちも今日悪魔に殺されるかもしれないことも考えてと答える。

 アツロウは、悪魔が完全制御されることによって危険性がなくなれば、封鎖が解除されるはずとも話す。

 

 14:00 池袋

 アツロウが突然どこかへ行ってしまうが、しばらくすると「見失った」と言って戻って来る。

 失踪した知り合いに似てたからと話すアツロウ。

 詳しい話を聞いてみると、プログラマーのコミュニティで知り合った会社員でアツロウと仲良くしてた人が、「政府が極秘にしている事実を知ってしまった。すべてがわかったら連絡する」と言い残して、消えてしまったとのこと。

 

 14:30 水道橋

 悪魔から逃げ遅れた人を助けにいったピンクの服を着たメガネの女の助けて欲しいと、男の子に頼まれる。

 ミドリらしいので助けにいこう!

 相変わらず悪魔を召喚して、一般人をびびらせながら人助けをするミドリ・・・

 一般人を無事に救出し、悪魔を全滅!

 ミドリは、自分はヒーローだから、死なんて恐れない!自分の危険覚悟で他人の命を救うと怒鳴って、去っていく。

 ミドリは自分がヒーローであり続けることに、なぜかこだわっている・・・

 

 15:00 渋谷

 人の声がするので、こっそり覗いてみると、カイドーとホンダが何かやらかそうとしている。

 どうやら、悪魔を倒してマッカ稼ぎをするつもりのようだ。

 で、流れで、カイドーたちと、マッカとCOMPを賭けて勝負することに!カイドーたちより多くの悪魔を倒せば、主人公たちの勝ちだ。

 主人公たちが先に4隊倒すと勝利!負けたカイドーが「チカラが欲しい」と願うと、パズスが出現し、カイドーとともに悪魔狩りに行ってしまう(カイドーはマッカとCOMPは持ち逃げする)。

 残りの悪魔を全滅させる!

 カイドーがCOMPを使わずパズスを召喚できたのは、カイドーの強い意思によるものらしい。人間の強い欲望が悪魔を呼び寄せるのだ!ということは、人々が欲望のままに悪魔を呼び出し始めたら、力こそすべての世界になってしまう・・・なんとかして阻止しなくては!

 

 15:30 永田町 霞が関

 悪魔の襲撃を受けて、国会議事堂は半壊状態・・・

 イヅナと伏見隊長は調査をしている。見つかっては面倒なので、離れよう。

 

 16:00 九段下 武芸館

 通りがかりの女性から、武芸館前で翔門会の人間に「オマエも追ってきたのか」「COMPを出せ」と言いがかりをつけられ、無関係だとわかったら「仲間になれ」と言われたという話を聞く。

 様子を見に行くと、翔門会の信者にCOMPを奪われそうになる・・・どうやら悪魔の力に溺れて翔門会を脱会した信者らしい。

 バトルの途中で、脱会者を捕まえに来た翔門会信者登場!「最後まで~」を選んで、いっしょに戦う。

 脱会者全員を捕まえるとアマネからお礼を言われる。

 

 16:30 永田町 国会議事堂前

 ヤドリギの情報を探していると、ヤドリギを持ったイアルの信者と、それを奪おうとしているベル・デルの悪魔がバトル中。

 イアルの悪魔使いから、ヤドリギのお守りをゲット!この戦いの本当の意味を知らないのか?みたいなことを言われる。

 こんなもんで、本当にベル・デルに勝てるのだろうか?

 

 17:00 新宿

 ちょうどミドリがジャックフロストに勝利し、愛について語っているところに遭遇。

 仲魔でもない悪魔と意思疎通できるとは、ミドリ、恐るべし!

 

 17:30 青山 青山霊園

 いよいよベル・デルとの決戦!

 ベル・デルには主人公のヤドリギしかダメージを与えることができないが、なんとか倒すと、不思議な力が主人公に宿るの感じる!

 余命が3に増えたが、他の人よりは1日少ない・・・

 悪魔についての情報が欲しいので、ヤドリギのことを教えてくれた遊び人風の男に会いに行こう!

 

 18:00 新宿

 探していた遊び人風の男を見つけると、「なぜ生きているのか?」と聞かれる。

 主人公が、ベル・デルを倒したと答えると、「ベルの王を決める争いがおもしろくなってきた」と言われる。

 どういう意味かを尋ねたら、ベルの名を冠する悪魔たちが、一番を決めるため殺し合いをしているとの返事。つまり、ベル・デル以外にも、ベル・イアル、イザ・ベル、ベル・ゼブブ、ベル・ベリトという悪魔が、ベルの王位争いをしているとのこと。主人公は、ベル・デルを倒したため、ベル・デルの力を取り込んでしまっている。なもんで、主人公もベルの王位争いに参戦するハメに・・・

 最後に遊び人風の男は、主人公は3日後に、ベル・イアルと闘うことになると告げて去っていく。

 

 18:30 表参道

 ジンに呼び止めれる主人公は、一人だけジンに呼ばれて話しをすることに。ハルから聞いたが、ハルの身の上話を聞いたってことは、主人公はハルに見込まれた男だと思うので、ハルに深入りしない方がいいと、ジンから忠告される・・・

 どういうことかというと、ハルは、心を許した相手に裏切られたと感じたら、すぐ命を捨ててしまう不安定な状態にあり、ハルがそんな風になるのを見たくないと話すジン。

 それに対し、「それは目を背けているだけだ」と答える主人公。

 その答えを聞いて、ハルが主人公に心を許すのが分かった気がすると言うジン。昔、ジンに対して、ジンの恋人のアヤが同じことを言ったのだと。しかし、そのアヤは半年前にいなくなってしまった・・・

 ハルが人を信じないのは、人を信じたい心の裏返し。つまり、信じたいのに、これ以上傷つくのが怖いから、人を信じないようにすると、アヤが言っていたと話すジン。アヤはハルの心を溶かし、ハルはアヤに心を開いた。しかし、アヤがいなくなってことで、ハルがまた不安定になったとも話すジン。

 同じことの繰り返しはゴメンだというジンに対し、主人公は「任せろ」と答える。

 その答えを聞き、ハルをこれ以上傷つけるようなことは、出来るだけしないでほしいと頼むジン。

 それと、アヤが消えてしまったと知れば、ハルは自分のせいだと思い込むので、ハルには、アヤは音楽の勉強をしに海外に行っていると伝えていると話すジン。どういうことかというと、ハルが加入する前は、D-VAのボーカルはアヤだったが、ハルの才能を認め、メンバーの了承も得て、アヤはボーカルをハルに譲った。しかし、ハルは、アヤの居場所を奪ったと気にしている。もし、アヤが失踪したとハルが知れば、自分がアヤを追いだしたせいと考えてしまうからとのこと。

 「知らせたらどうなる?」と聞き返す主人公に対し、ハルは命を捨てるだろうと答えるジン。

 最後に、ハルのことをくれぐれも頼むとジンに言われる主人公。

 

 19:00 渋谷

 すべて悪魔がいなくなるまで生き延びることができれば、封鎖が解け外に出ることができると話す主人公たち。

 明日はミドリの余命が0の日。自分たちのできることをやろう!

 

 アマネからメールは、主人公がベルの王位争いに巻き込まれたことを知っている内容。「やれるだけやるよ」と返信。

 ホンダからのメールは、早く封鎖の外に出たいという内容。「本当に早く出たいですね」と返信。

 カイドーからのメールは、いっしょにこの世界を手に入れようという内容。「考えておくよ」と返信。

 ミドリからのメールは、明日死ぬとか言われたがビビってないし、自分が死んでも、多くの命が助かるなら、その方がいいと内容。「誰もが感謝するとは限らない」と返信。

 メイスケからのメールは、封鎖の原因が悪魔なのに、ミドリが悪魔を見せびらかすのはマズイので、辞めさせないという内容。「そうだね、やめさせよう」と返信。

 ユズからのメールは、ベル・デルとの戦いで主人公がどこかに行ってしまいそうだったという内容。「オレは変わらないよ」と返信。

 アツロウからメールは、悪魔は制御すれば有効な力になるという内容。「有効な使い方を考えよう」と返信。

2ND DAY 出口を求めて

 今日のデビルサバイバーオーバークロックはどうかな?

 

 2ND DAY 出口を求めて

 拡声器が、昨日の青山墓地での爆発の原因は、流出した有毒ガスに送電線の火花が引火したものと伝えている。そして、流出した有毒ガスが可燃性で、今も流出が続いているとも伝えている。思いっきりウソッパチだ!

 本日のラプラスメールと、先制発動スキル解禁のメールが届く。

 ラプラスメールは、池袋で悪魔が多くの人間を殺すと書かれている・・・

 

 9:00 新宿 神無伎町

 自衛隊のヘリが食糧を積んだコンテナを落としたので、人々がそれに群がっている。主人公たちも食料と水をゲット!

 オリの中の動物にエサをやるような配給方法から、どうやら政府は、山手線内の人間をちゃんと助ける気はないようだ・・・

 

 9:30 表参道

 路上でジンとカイドーが会話している。カイドーの手には、COMPが握られていることに気付く主人公たち。

 

 10:00 渋谷 首都高渋谷出口

 首都高から戻ってきた男から、「首都高は通れない」と言われる。その男からCOMPについて聞かれ、「お守りみたいなもの」と答える主人公。その男は、ホンダと名乗り、去って行く。

 

 10:30 表参道

 見知らぬ男に「ハルの知り合いか」と声をかけられるユズ。男は、自分はレコード会社の人間で、昨日のハルの路上ライブを聞き興味を持ち、社長に電話したら「ぜひ」との返事だったので、紹介してほしいと話す。

 昨日から電話が不通状態が続いているため、この男がウソをついているのは明らか。それを指摘すると男は逃げていく・・・

 

 11:00 芝公園 東京タワー

 ヤクザたちが、悪魔を使役して悪事をやらせるため、人々からCOMPを奪い集めている。

 外道魔法使いとバトル!

 どうやらナオヤ以外にも、COMPを人々に配っている人間がいるらしい。

 

 11:30 池袋

 ジャーナリストのショージから声をかけられた主人公たち。ショージは、今回の東京封鎖のことを記事にするので、インタビューさせて欲しいと頼まれ、脱出方法と引き換えにインタビューに答える主人公たち。

 インタビューの引き換えに、ショージは、首都高が赤坂トンネルのところで地下鉄に繋がっているというウワサを教えてくれる。

 そしてショージから、封鎖の目的は、怪物を逃さないためというウワサの教えてもらう。

 もちろんショージは、このウワサも、政府発表(可燃性の有毒ガスが発生・爆発し、送電線が切れて停電。いまも有毒ガスが発生しているので、山手線内を封鎖中)も信じていない。そして、明日以降、人々が暴動を起こすであろうと、主人公たちに話して、立ち去る。

 脱出するため赤坂トンネルに向かう主人公たち。

 

 12:00 赤坂 赤坂トンネル

 トンネル付近は事故車が散乱している・・・悪魔のしわざらしい。

 トンネルの中を進むと悪魔がCOMPを操作して、次々と悪魔を呼び出している!しかも「あの方を解放する」とか言ってるし。

 何とか悪魔を全滅させ、COMPを破壊したと思ったら、銃を持った制服の男女に脅され、逃げ出す主人公たち。

 男女は、どうやら政府関係者っぽい。そして、悪魔の存在を知っている。トンネルの奥には、政府関係者が出入りする通路があると確信した主人公たち。あとで、また調べに行こう。

 

 12:30 神田 神田駅前

 アツロウの中学時代の家庭教師のマリと出会った主人公たち。マリは、今は小学校の養護教諭をやってるとのこと。停電でマンションの水道が止まったため、公園の水を汲みに来たと話すマリ。マリも、ストレスから明日以降、暴動が起こると予測している。

 

 13:00 表参道

 アツロウと悪魔について色々と話して、悪魔の目的は、「あのお方」を呼び出すことではないかと考え付く主人公たち。

 

 13:30 芝公園

 公園に避難している人数が、昨日より増えている・・・

 

 14:00 東京 日比谷公園

 表参道でハルを探していた男に、また出会う主人公たち。

 男は、「ハルの力は我が主のもの!お前たちには渡さん。聖なる炎に焼かれろ」と言って逃げていく。

 

 14:30 池袋 衛国寺

 お寺なら悪魔が出ないだろうと思い、お寺で休もうとした主人公たちだったが、悪魔に見つかってしまう。そこへ、COMPを手にしたカイドーとホンダが現れ、協力して戦ってくれる!

 戦いの最中に、悪魔が呼びだそうとしているのはベル・デルという不死の者だということがわかる。

 

 15:00 渋谷

 ホンダが自衛官に向かって「息子の手術があるので、外に出してほしい」と頼んでいるが、無論却下。ホンダの妻はすでに他界しており、息子だけが唯一の家族だとのこと。

 ホンダは、COMPを使って強行突破したい気持ちを抑えて、去っていく。

 ホンダの姿を見て、絶対に家に帰って、母親に謝ろうと強く思うユズ。

 

 15:30 神田

 カイドーから、連続吸血鬼事件のことを聞かれる主人公たちだが、詳しくは知らないと答えると、カイドーは、半年くらい前から起きている若い男女が首筋から血を抜かれて干からびるって事件で、犯人はまだ捕まっていないと教えてくれる。

 カイドーは、悪魔を呼び出せるCOMPを所持したことで、事件は悪魔の仕業だと思うようになり、同じCOMP使いの主人公たちなら何か事情を知っているのでは?と思い、尋ねたとのこと。カイドーは、吸血鬼事件で兄を殺されているため、事件を起こした吸血鬼を探していると話す。それから、ナオヤのことは、メンバーに伝えてはいるが、ケータイが繋がらないため、なかなかうまく伝わっていないので、この状況で探すのは難しいとも話す。

 

 16:00 神田

 さっき話をしたカイドーと、マリが話しこんでいる。

 どうやら吸血鬼事件に、お互い首を突っ込むなと言ってるが、どちらも聞き入れないようだ。

 

 16:30 芝公園 東京タワー

 悪魔に襲われている民間人と、それを助けようとする警官の姿が。警官には、「芝公園に悪魔が出た」とウソを言ってそっちへ行ってもらうが、警官のあとを悪魔がついていってしまう・・・

 とりあえず、目の前にいる悪魔を倒して民間人を助けよう!

 なんとか民間人を助け、今度は警官のあとを追った悪魔を追いかけると、翔門会信者を率いるアマネがラクシュミを召喚し、悪魔を退ける場面に遭遇。

 アツロウは、翔門会の自演では?と勘繰る。

 そこで翔門会信者に、COMPが欲しいと頼むが、信者でないと渡せないとのこと。そして、一般には決して出回っていないとの返事。

 

 17:00 神田

 さっきカイドーと言い争いしていたマリに話しかけられる主人公。マリは、カイドーとカイドーの兄とは幼なじみだったが、カイドーの兄が吸血事件で殺されてから、カイドーと気まずくなったと話す。

 

 17:30 池袋

 人々が悪魔が出たと言って、逃げ惑っている。男女が逃げ遅れたとのことだが、恰好からして、女の方はミドリらしい。

 どうやらラプラスメールに予言されていた50人以上が犠牲に出る事件は、これのことらしい。

 地下街への入り口に行くと、逃げ遅れたミドリといっしょにいるのはケイスケ。余命0のケイスケは、COMPから悪魔を召喚して、ミドリだけでも助けるつもりだ。

 ミドリを地下街に逃がし。悪魔を全滅させると、ミドリとケイスケの余命が5になった!

 このままでは、5日後には何かが起きて、山手線内の人間が全滅するのは確実だ。ケイスケは、それは自衛隊が起こすのではないかと推理する。

 能天気にも悪魔と闘う姿にあこがれを抱いたミドリは、アツロウが拾ったCOMPを手にして、ケイスケを連れて去っていく。

 

 18:00 神田

 二人きりで話しがしたいと、カイドーに呼び止められる主人公。

 カイドーは、マリのことが気になってるが弟扱いにしかされてないため、遊んでる風に見える主人公に年上の女の口説き方を教えてほしいとのこと。

 マリもカイドー同様、吸血事件の犯人を探しているが、マリは悪魔使いではないので、逆に殺されてしまうと心配するカイドーに、「助ければ?」とアドバイス。

 

 18:30 神田

 マリと会話

 

 19:00 渋谷

 ユズとアツロウと会話。

 COMPにアドレスが表示されたため、アツロウとユズ以外にも、ケイスケ、アマネからメールが届く。

 ナオヤから悪魔全書解禁のメールが届く!

 

1ST DAY 東京封鎖

 今日のデビルサバイバーオーバークロックはどうかな?

 1ST DAY 東京封鎖

 

 8:30 青山霊園

 無事に一晩過ごした主人公、アツロウ、ユズ。

 そこへナオヤから、主人公だけが人の頭上に見える数字は、余命日数であるというメールと、本日の予言を記したラプラスメールが届く。

 余命日数が0だということで、パニックに陥るユズ・・・家に帰りたいと言い始め、ラプラスメールの駅封鎖の情報を確認するために、駅に向かうことにするが、渋谷駅前は大混雑。

 

 8:30 渋谷駅前

 自衛隊が出動しており、渋谷駅で有毒ガスが発生しており、駅は立ち入り禁止で電車も不通、しかも山手沿線から外に出ることができないと広報している・・・

 どうやら一般に知らされてはいない何か事件が起こっているようだ。

 ナオヤのメールに書いてあった、余命は行動で変化するという内容を信じて、ラプラスメールの事実を書き換えて、余命を否定するための行動開始!

 

 9:00 渋谷

 人の声を聞き、50マッカをゲット。

 フリーバトル!

 9:00 シブヤ ???

 渋谷駅前で、キャンキャン吠えているチンピラを鎮めたのは、渋谷ダイモンズのリーダーのカイドー。

 面倒見がいいという噂があるので、裏道を教えてもらおうと話しかける主人公一行。

 しかし、カイドーも抜けだせずにいるとの返事。

 ついでにナオヤの居場所を知ってるかと尋ねてみるが、ナオヤ自体を知らないとのことだが、ダイモンズのメンバーを使って人探しを手伝ってくれるとのことで、カイドーにナオヤの顔写真を送る。

 そのカイドーの余命は6日・・・

 ナオヤから、デビオク解禁のメールが届く。

 

 9:30 恵比寿

 山手線を見るが、恵比寿駅周辺も通行不可・・・

 COMPを使って、外に連絡しようとするが、接続できず・・・どうやらナオヤが作ったからか通常のサーバーに接続する機能はないようだ。

 

 10:00 渋谷 宮下公園

 アツロウと会話して、アツロウがコンピュータやネットに詳しい理由は、両親がシリコンバレーで働くコンピュータ技師(アツロウは英語がしゃべれないので、渡米を断ってる)で両親がそばにいないため、子供の頃からコンピュータに触れ、ネットに入り浸っていたためであることがわかる。

 

 10:30 新宿

 山手線を見るが、山手線に沿って、自衛隊がバリケードを築いているため、外に出ることができない。

 アツロウが、中学の時の親友のケイスケを見つけるが、「数値が・・・」とかつぶやいて、どこかに行ってしまう。どうやらケイスケも余命が見えているようだ・・・そのケイスケの余命は1。

 ケイスケは余命が短い人間といっしょにいると、自分の命への危険性が増すと考え、主人公たちから離れたらしい。アツロウによると、当時のケイスケは正義感が強い少年で、アツロウも助けられたとのことだが、今はその面影はなく、気弱な青年に見えた。そういえば、高校に入ってから連絡が取れなくなっていたが、何があったのだろうか?

 

 11:00 新宿

 表通りを歩いているとナオヤらしき人物を発見し、追いかけるが、悪魔が現れる!

 「悪魔を倒してナオヤを追う」を選択。

 マッカボーナス機能解禁!

 なんとかバトルに勝つが、ナオヤを見失ってしまう。

 マッカボーナスとスキルセットボーナス追加のメール着信!

 

 11:30 表参道

 人々の話しから、半年くらい前から、首筋から血を抜かれる吸血事件が発生していることを知る。

 表参道でジンを見つけるユズ。ユズはインディーズ歌手のハルのファンで、ジンはハルの保護者みたいな人間で、ライブ会場で知り合ったとのこと。ジンの本名は神谷で、表参道でバーをやっているとのことだが、ジンの余命は6・・・

 余命の長い人間の側にいることで、生き残る可能性を高くしようと考える主人公たち。

 

 12:00 六本木通り

 こんな状況だが路上で人だかりができている。ユズがファンになっているハルがソロライブを行っている!ハルは昔D-VAというバンドで活動していたが、メンバーのアヤが音楽の勉強とかでいなくなって、バンドは休止中で、今はソロで活動しているのだ。そのハルの余命は0・・・

 

 12:30 池袋 サンセット通り

 山手線を見るが、ここも封鎖されている。

 ナオヤから、スキルクラック解禁のメール着信!

 

 13:00 水道橋 後楽園

 妙にこの地域だけ涼しいことに気付いた主人公たちは、ラプラスメールの「雪男による殺人事件」の予言を思い出す。たしか犠牲者は3名・・・ということは、それは自分たちのことではないかと気付く!

 青山霊園で戦ったウェンディゴ登場!ヤツを倒して、運命を変えてやる!!!

 ウェンディゴ撃破後に「次はオマエの番だ、と脅す」を選択するとピクシー達が逃げます。

 主人公たちの余命は2に増えた!

 まだ町の停電が続いていることで、充電できずにCOMPのバッテリーが切れる心配が出てきた。

 手動式充電器を探しに秋葉原へ。

 

 13:30 秋葉原 秋葉原中央通り

 駅周辺は封鎖されてるし、店は全部閉まってる・・・そこでCOMP対応版の手動式充電器を持ったケイスケに出会った主人公たちは、ケイスケに店を教えてもらい、充電器を購入。

 主人公たちと同じ改造CMOPを持つケイスケから、山手線内の人間の余命がすべて6日以内であることを教えられる。その一方、バリケードを築いた自衛隊員の余命は見えない=余命は10日以上あることも。何かわからないが6日後に確実な崩壊がやってきて、山手線内の人間がすべて死んでしまうらしい・・・

 ケイスケは、崩壊の原因を止めることができなければ、山手線の外に出ることだけが、確実に助かる方法だと言って、立ち去る。

 邪教の館解禁のメールが着信!

 

 14:00 池袋

 池袋でコスプレ少女(昨日、イベントに参加し、そのまま帰れなくなった。もちろん着替えは持ってない。)のミドリに出会った主人公。お互いに出口を見つけたら教えてと会話して、分かれる。

 アツロウはユズに言われるまで気付かなかったが、ミドリは有名なネットアイドルのドリーだった。

 

 14:30 上野

 歩き疲れたユズがわがままを言いだした・・・何とかコンビニで売れ残りのパンを買い与えて、ユズをなだめるアツロウだが、流通が止まったことで、これから危機的状況に陥ろうとしていると感じている。

 

 15:00 東京

 東京駅も封鎖されている。道路はガレキや事故車がいっぱいで、バスもタクシーも走っていない・・・

 

 15:30 六本木

 ハルが翔門会のアズマからの誘いを断っている。

 今朝の路上ライブを聞いていたユズを覚えていたハルは、ユズに声をかけ、お互いに自己紹介をして別れる。

 

 16:00 芝公園

 帰宅難民でいっぱいの芝公園で、翔門会の教祖が、翔門会といっしょに神の試練を乗り越えようと説いている。

 信者の中に、アマネの姿もある。

 アマネは主人公たちの姿を見つけると、近寄ってきて、自分は翔門会の巫女だと自己紹介する。(巫女とは、人知を超えた力を持つ存在である神魔の声を聞くものとのこと)

 アマネから、誰からCOMPを手に入れたのかを聞かれて、ナオヤからだと答えると、アマネからナオヤにプログラム作成を依頼したのは翔門会であると言われる。

 翔門会が悪魔を召喚したがるワケは、神の試練を起こすためか?

 

 16:30 品川

 品川駅も封鎖されている・・・

 

 17:00 九段下 武芸館

 ハルの歌声が聞こえる。

 ハルを探すと悪魔に囲まれている!だが、当のハルはまったく冷静だ。

 ハーモナイザーの効果で、悪魔の攻撃を多少弱めることが出来ているので、いそいでハルを助けよう!

 ハルを救出すると、ハルの余命が2に増える!

 ハルは、シーケンサーに合わせて歌うと悪魔を呼び出せるのだが、あいにく電池切れで今回は使えなかったと話す。そのシーケンサーは、D-VAをいっしょにやっていたアヤに半年前に借りた物で、実際に悪魔を呼び出したのは、1ヶ月半ほど前とのこと。

 COMP用の充電器は端子が合わないため、使えない・・・

 「危険な香りのするヤツは嫌いじゃない」とハルに気にいられた主人公。それが少し気にいらないユズ。

 

 17:30 青山 青山墓地

 青山墓地は悪魔であふれかえっていた・・・瘴気の中にCOMPがあり、それが無限に悪魔を召喚しているのだ。あのCOMPを止めよう!

 何とか改造COMPを回収し、悪魔の出現を止める。おそらく、このCOMPを起動した人間は、呼び出した悪魔に殺されたのだろう・・・

 

 18:00 品川 翔門会施設

 翔門会の施設の見つめるジンの姿を見つける。

 

 18:30 新宿

 ネット中毒のアツロウは、ネットにつなげられず辛そうだ。

 

 19:00 渋谷

 寝場所を探す相談から、今までのことを話し合う主人公たち。

 ナオヤから、サーバに負担がかかるので、メール機能を夜しか使えないとメールが来る。

 そして、アツロウとユズからもメールが届く。

 

Day Before

 デビルサバイバーオーバークロックプレイ開始!

 Day Before

 夏のある日、数年前前まで同居していた従兄のナオヤに呼び出され、シブヤで待つ主人公と、同級生のアツロウの元へ、急用で来られなくなったナオヤに頼まれて幼なじみのユズが届け物を持ってくる。

 ナオヤからの届け物は、コミュニケーション・プレイヤー(COMP)という名前のDSそっくりのゲーム機だが、これは天才プログラマーのナオヤ特製のオリジナルの機種のようだ。

 しかもプロテクトがかかって、フォルダが見れないようになってる・・・しかし、ナオヤの弟子であるアツロウの手により、無事に解除され、メールを見ることができるようになる。

 メール内容を確認すると、ラプラスメールという名前で、本日の未来の時間に起こる不吉な内容が描かれている・・・

 内容が気になるので、他のフォルダをこじ開けるため、アツロウは静かな場所へ移動し、その間、主人公とユズは時間を潰すため、新宿へ向かう。

 

 16:00 新宿 神無伎町

 オレンジ色の衣装をまとった怪しい集団が路上を陣取り、リーダーらしき男が演説している。翔門会という集団で、世界を一つにしたいらしい。

 場所を変えることにして、表参道に向かう主人公とユズ。

 

 16:30 表参道

 ユズはラプラスメールに書かれていた「16時に青山で肉食獣に喰い荒らされた」という内容が気になって仕方がない・・・そんな時、青山方面に走っていくパトカーを見てしまい、青山に住んでいるナオヤのことがどうしても気になるため、様子を見に行くことに。

 

 17:00 青山 住宅街

 ナオヤが住むアパートで事件あり、警察により立ち入り禁止のロープが張られている!主人公とユズの前に、ナオヤが現れ、被害者はナオヤの部屋の隣に住む高校生で何者かに喰われたと話す。そして、もうじき始まるから、アツロウのところへ戻れと告げ、立ち去ってしまう。

 そこへアツロウから携帯がかかってくる。プロテクト解除に成功したとのことと、主人公とユズのCOMPも必要なので、持ってきてほしいとの内容。

 さっそくアツロウの元へ向かう主人公とユズ。

 

 17:30 渋谷 電気博物館前

 アツロウと合流した主人公とユズは、アツロウにナオヤとのやりとりを伝える。

 アツロウから、プロテクトは3台のCOMPを同時に解除しないといけないと言われて、主人公、ユズ、アツロウのCOMPのプロテクト解除を行うと、アクマ・ショウカン・プログラムが起動し、COMPから悪魔たちが飛び出してくる!

 コボルト+ピクシー+カブソとバトル!

 アツロウがさらにCOMPを調べて、COMPには悪魔を呼び出させる悪魔召喚プログラムと、悪魔から攻撃を弱めたり、悪魔への攻撃を強化するハーモナイザーという機能があることが判明。

 近頃不可解な事件が増えているし、どうやらラプラスメールで予言される悪魔が関連する事件に、立ち向かえということらしい・・・

 さっきのバトルの後から、人々の頭上に数字が見えるようになった主人公。多くの人は7だが、主人公、アツロウ、ユズは1。

 わけわからないことだらけのため、もう一度、ナオヤに会って事情を聞くことに。

 

 18:30 青山 住宅街

 ナオヤのアパートへ行くが、また立ち入り禁止状態。ポストを見ると、ナオヤのポストには郵便物が貯まっている・・・昼間、ナオヤに会えたのは、かなりの幸運だった模様。

 そこへナオヤからの、青山霊園で「これからの行動に影響を及ぼす人物」に合うようにとのメールが届く。

 それともう1通のメールにより、チーム編成解禁!

 

 19:30 青山 青山霊園

 そういえばここって、ラプラスメールで大爆発の予言があった場所・・・って思ったら、すぐ近くで爆発が起こった!

 そこへウェンディゴが現れて、追いかけてきた翔門会の人間を殺す。

 そして、悪魔が湧いてきて、主人公たちを襲う!

 ウェンディゴは、翔門会の女の子のマハラギ1発で撃退、女の子は逃げたウェンディゴを追いかけて去っていく。残った悪魔は、主人公たちが撃破。

 よくよく考えてみると、翔門会の人間は悪魔と普通に戦っていた。いったいどういう組織なのか?そして、ナオヤの言う「これからの行動に影響を及ぼす人物」とは、あの女の子のことなんだろうか?

 

 21:30

 メールの予言どおりに停電が起こる・・・

 翔門会の女の子が戻って来る。彼女は、翔門会の巫女の九頭竜天音(アマネ)。ウェンディゴが下僕を放ったため、アマネがこのあたりに結界を張ったとのことで、明るくなるまでここで過ごすようにと告げ、去っていく。

 ということで、今晩はここで過ごすことに。

 

ブログ内検索

プロフィール

HN:
勇者弐位
性別:
女性
職業:
大阪のオバチャン
趣味:
ゲーム
自己紹介:
 ゲーム大好きな大阪のオバチャンです。
 やりたいゲームは発売日に買ってるが、プレイする時間がまったく足りてないでの、クリアするのはいつになるのやら・・・

忍者カウンター

カテゴリー

アーカイブ

P R