忍者ブログ

チラシの裏~勇者弐位のゲーム日記

 ゲーム大好きな大阪のオバチャンのほぼゲームのことしか書いてない日記。10年やってたブログがプログラム書き換えられて海外の怪しいサイトに飛ばされるようになったんで、2017年4月に引っ越ししてきました。10年分の過去記事が36MBもあるし、データが壊れてるのか一部送れないものもあり、まだまだインポートの途中(;^_^   過去記事分は引っ越しで持ってきたものなので、表示が一部おかしいかもm(__)m  

剣の1「夜の太陽と昼の月」


 今日の予言者育成学園Fortune Tellers Academyはどうかな?


 神託召喚で、オーランドがA→SSに進化!
 称号:オーランド推しをゲット!





 気が付くと主人公は、不思議な空間の中にいた。
 目の前にはダークエルフのメルティがおり、主人公をグリモアと呼ばれる世界に招待する、と話す。
 メルティは、グリモアの世界には闇という存在が、時折襲ってくるので、自分の手で払わなければならない、と告げ、剣の異界アツィルトへ主人公を誘う。


 メルティは、アツィルトは、セフィルトの異界の中では人間の住む世界に近いほうで、バランチカの王ジークフレオンが統治する世界だ、と教えてくれる。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 メルティは、バランチカは気高き魂を持ち、武を重んじる、と教えてくれる。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 メルティが、この物語の主人公は、スラムに捨てられた男の子だ、と教えてくれる。
 スラムに捨てられた子のほとんどは、誰の救いもなく野垂れ死にしてしまうのだが、男の子は強運を持っていたので、レイバントとラファという子供のいない夫婦に拾われて、奇跡的に生き延びた。
 ボスとバトル!


 闇が襲ってきたので、撃破する。


 少年を拾ったレイバントとラファは高齢で貧しかったので、自分たちの食べる分を分け与えて拾った少年を必死に育てた。
 2年後、少年が6歳になったころ、レイベントとラファは同じ死に至る病に侵されてしまった。
 少年は、老いた両親を助けるために幼いながら動き始めた。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 少年は、朝から晩までスラムを駆け回り、ありとあらゆる手段を使って日々の生きる糧を手に入れ、これまでされてきたことを返すように、今度は自分がたべることを我慢して、老いた両親を助けた。
 そのうち二人を襲った病魔は消え去った。
 スラムは王都の背の高い城壁に太陽を遮られて、いつも地面は湿り、空気はよどんでいる。
 そんな暗い生活の中で、少年の存在が、老夫婦には太陽のように見えたので、ずっと坊やと呼んでいた少年に、バランチカの言葉で太陽を意味するソールという名前を付けた。
 ボスとバトル!


 闇が襲ってきたので、撃破する。


 病気の両親のために、ソールはスラムで、ゴミ漁りは日常、物乞いもしたし、犯罪も犯した。
 そのせいで、スラムの住人からのソールの評判は良くなく、ゴミ拾いカラス、ドブネズミ少年と呼ばれていた。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 10歳になったソールは、いつものようにゴミ捨て場にいた。
 汗だくでゴミを掘り返していたソールは、一振りの短剣を掘り当てた。
 短剣の鞘に施された豪華な装飾が美しくきらめいていた。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 闇売人は、ソールの短剣を見るなり目の色を変え、ソールの半年分の稼ぎを気前よく払ってくれた。
 ソールはその金の握りしめて、闇市に走り、滋養のある物、日持ちのする物を中心に買い込んで、家の中にしまい込んだ。
 これで半年は生きていける、と思っただけで、その日一日は興奮が収まらなかった。
 ボスとバトル!


 闇が襲ってきたので、撃破する。


 その夜、ソールは、生まれて初めて手にした短剣にすっかり心を奪われていて、寝付けないでいた。
 彼は矢も楯もたまらなくなって、深夜にねぐらのバラックを飛び出した。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 闇売人は、有り金はたいて買い取った短剣が、その日の夜のうちに盗まれた。
 短剣を手に入れたソールは、来る日も来る日も、夢中で振り回した。
 剣を振るたびに、全身が熱くなり、言葉にできない懐かしい感覚がこみ上げる。
 ゴミ拾い場で、ひたすらに剣の練習を続けるソールに、運命の出会いが待ち構えていた。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 一人で剣を振り回していても強くはなれないことに、ソールは気付いていた。
 そんなある日、巡視の衛兵隊とゴロツキ連中の間で、些細なことから小競り合いが起きた。
 この日はいつもと違い、頭に紙袋をかぶった一人の男が、衛兵を殴り飛ばして、スラムと王立騎士団との間で結構オオゴトに発展してしまうが、これはまた別のお話。
 その様子を見ていたソールは、紙袋マンの強さに引き付けられた。
 ボスとバトル!


 紙袋マンの正体はアイセだ、とメルティが教えてくれる。


 闇が襲ってきたので、撃破する。


 アイセの強さにあこがれたソールは、すぐに弟子入りを志願したが、アイセは拒否した。
 それでもしつこく頼み込むソールに呆れたのか、アイセは時々、稽古の相手をしてくれるようになった。
 そのおかげで、ソールの剣の腕前は見る見るうちに上がっていった。
 ソールは、アイセにいと呼んで慕ったが、アイセは日に日に表情が暗くなって姿を見せる機会も減っていった。
 トラブルメーカーのアイセは、ゴロツキ連中の間でも一番ブラックな役割が押し付けられる立場だったので、このスラムから逃げ出すつもりだろう、とソールは思っていた。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 アイセがスラムを去る日、稽古が終わった後、アイセはソールに意外な言葉をかけた。
 「ジークフレオン王はウデの立つヤツなら素性なんて問わない。お前には剣の才能がある。修行を続けていればいつか騎士団に入れる。」
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 その言葉はソールの人生に一条の光を当てた。
 剣さえあれば、ウデさえあれば、自分にも生きていく道がある。もしも、騎士団に入れれば、両親に楽をさせられる。
 ボスとバトル!


 ソールがスラムで拾われるより前の時代へ。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 その夜、硬貨の異界アッシャーの勅使を名乗る細身の男が、ジークフレオン王に会いに来た。
 衛兵が、王はすでに休まれている、と答えると、勅使は、朝まで待つ部屋を貸してほしい、と言ったので、勅使は見張り付きの来賓室へ案内された。
 翌朝、勅使は、王妃のホーネイと幼い王子のペルサベイラをさらって姿を消した。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 王妃と王子の捜索は、アツィルト国家の総力を挙げて2か月にわたって行われたが、行方はわからないままだった。
 1年経過しても、二人の安否はわからないままだった。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 王子ペルサベイラこそスラムの少年ソールだった!
 王子は、国外に連れ去れるはずの運命だったが、とある理由によりスラムに捨てられた。
 ボルとバトル!


 闇が襲ってきたので、撃破する。


 王立騎士団には8つの階級があり、一番下の階級の第3歩兵隊でさえ、入団試験の合格率はアツィルト中の腕自慢が挑戦しても、合格率は1%にも満たなかった。
 試験に挑戦できるのは14歳からで、自分の正しい年齢を知らないソールは、怪しまれない程度に背が伸びるまで、毎日剣の修行を続けた。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 このころ、スラムと王軍との関係は最悪で、クーデターが起こるのも時間の問題と思われていた。
 ある日、リューン王子がスラムの視察に訪れるという噂が広がった。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 リューン王子が20名ほどの家臣を連れて、スラムを訪れた。
 リューンが王子になってまだ日が浅かったから、スラムの人々が、リューンの姿を見るのは初めてだった。
 ボスとバトル!


 闇が襲ってきたので、撃破する。


 リューンは、王軍がスラムの人たちに行った狼藉を謝罪する演説を行い始める。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 リューンの演説は誰が聞いてもわかりやすかった。
 リューンは、今は他国との戦争中で、市民と王軍が手を取り合わねば勝利はない、皆さんの力をこの若輩の王子に貸してほしい、と演説した。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 リューンは、最前列にいた人々に手を差し出した。
 スラムの人たちは、この国の王族は神にも等しい存在だと思っていたので、自分の汚れた手が触れたら申し訳ないと感じたため、手を体の後ろに隠したが、リューンは、皆の手を取り、いつまでも共にありましょう、とほほ笑んだ。
 スラムの人たちはみな、たちまちリューンに夢中になり、この人に仕えて、この人のために働きたい、と思うようになった。
 もちろん、ソールもそう思った一人だった。
 ボスとバトル!


 闇が襲ってきたので、撃破する。


 ソールは王立騎士団の入団試験を受けたが、まあまあの評価で不合格だった。
 しかし、ソールの真剣さ、必死さは、試験官の目に留まり、雑用係として王軍に雇われることになった。
 つまり次回の入団試験までの間、お給金のある仕事をしながら剣の修行ができる相当ラッキーなポジションに滑り込めたのだ。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 3か月の下積み生活を経て、2回目の入団試験で、ソールは合格し、王立騎士団の一員になった。
 宿舎に案内されたソールのところへ最初に訪れたのは、尊敬するアイセにいだった。
 アイセは、一足先に騎士団の一員になっていたのだ。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 ソールには恐ろしいほどの剣の才能が眠っており、騎士団に入団してから本格的に開花し、たちまち第3歩兵隊から、第2歩兵隊、通称2歩隊へ昇格した。
 2歩隊は下から2番目の組織だったが、まだ14歳という年齢もあって、ソールは騎士団の中でも目立つ存在になっていった。
 ボスとバトル!


 闇が襲ってきたので、撃破する。


 王立騎士団に入団したソールは、宿舎暮らしになったが、すぐに両親を王都に招き、安全な場所に呼び寄せた。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 毎週火曜日は、週に一度の2歩隊の集中訓練日だった。
 訓練スケジュールが夕方までみっちり組まれており、帰路につく頃にはみんな無口になっていた。
 この日、ソールが体を引きずるみたいに歩いていると、リューンが肩を叩いた。
 リューンは、「自分と同じ年の兵士がいると聞いてきた。この国の将来のために、一緒に励もう」と声を掛けたので、リューンはすっかりのぼせた。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 ソールは本当は国の王位継承者でありながら、自分の本当を知らず、本当ではないリューン王子に心から憧れ心酔していた。
 ボスとバトル!


 ソールは異例の抜擢を受けて、リューン王子の親衛隊に入隊することになる。


 闇が襲ってきたので、撃破する。


 親衛隊に入ったソールの剣の上達ぶりは目覚ましいものだった。
 するとあるころから、王宮内に、ソールこそがジークフレオン王の本当の子供ではないか?という奇妙な噂が流れ始めた。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 ソールにとっては、親衛隊は身に余る光栄な役割で、とても張り切っていた。
 けど、ひとつだけ厄介なことがあった。
 それは、リューンの側近の獣人のミルシュカという女の子が、何かとちょっかいを出してくることだった。
 リューンが近くにいるときはおとなしくしているけど、姿が見えなくなるとすぐに、「スラムのボロ雑巾が王子に近づくニャー」と吠え掛かってくる。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 ミルシュカが指南役のサリムを慕っていると悟ったソールは、さっそく彼に弟子入りを志願した。
 サリムが近くにいる間は、ミルシュカも子供じみたマネはできない。
 サリムに弟子入りしたことで、ソールの剣の腕はまた飛躍的な成長を遂げることになった。
 ボスとバトル!


 この騒がしくも穏やかな日々は、たった9か月しか続かなかった。


 闇が襲ってきたので、撃破する。


 このころアツィルトは、杖の異界ブリアーとの間に深刻な問題が起きていて、多くの小隊長が城を離れていた。
 気をもんでいたソールは、居ても立ってもいられなくなり、お城の屋根の上に登って月を見ていた。
 そんなとき、本当に小さな物音が城内に響いた。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 ソールは外廊下に一人の男の人影を見た。
 それは指南役のサリムだった。
 ソールは、サリムの足元に親衛隊の仲間たちが倒れていることに気付く。
 ソールは身をひるがえして駆け出した。
 後ろからサリムが迫ってくることは、気配ではっきりとわかった。
 ソールは、今の自分の力では一対一の闘いでサリムに勝つことはできないと、わかっていた。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 ソールは、リューンの部屋へと転がり込んだ。
 リューンは驚いたが、緊急事態が起きていることをすぐさま理解し、二人は背中合わせになって剣を手に構えた。
 やがてリューンの部屋の扉を開いたのはサリムだった。
 サリムの全身は返り血で真っ赤だった。
 ボスとバトル!


 闇が襲ってきたので、撃破する。


 血塗れのサリムがリューンの部屋に踏み込んでも、誰も駆けつける様子がなかったため、サリムによる暗殺計画、クーデターで、戦力となりえる手練れは葬り去られたことを悟る二人。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 けれどこの場にミルシュカが現れた。
 闇が襲ってきたので、撃破する。


 リューンを守ろうと身を挺するソール。
 ソールとサリムの間に躍り出たミルシュカ。
 しかし、ミルシュカは、サリムの凶刃によって真っ二つに切られてしまった・・・
 ソールは、リューンに向かって、あなたに仕えることができて幸せでした、どうか立派な王になって、アツィルトを導いてください、と声を掛けて、サリムの懐へと一気に飛び込んだ。
 ボスとバトル!


 リューンは、ソールに向かって、死なないでくれ!君がいなかったら、この国の王になんてなれない、と叫んだ。
 ソールの人生はここに幕を閉じることになった・・・


 読了して、500アメジストをゲット。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

HN:
勇者弐位
性別:
女性
職業:
大阪のオバチャン
趣味:
ゲーム
自己紹介:
 ゲーム大好きな大阪のオバチャンです。
 やりたいゲームは発売日に買ってるが、プレイする時間がまったく足りてないでの、クリアするのはいつになるのやら・・・

忍者カウンター

カテゴリー

アーカイブ

P R