忍者ブログ

チラシの裏~勇者弐位のゲーム日記

 ゲーム大好きな大阪のオバチャンのほぼゲームのことしか書いてない日記。10年やってたブログがプログラム書き換えられて海外の怪しいサイトに飛ばされるようになったんで、2017年4月に引っ越ししてきました。10年分の過去記事が36MBもあるし、データが壊れてるのか一部送れないものもあり、まだまだインポートの途中(;^_^   過去記事分は引っ越しで持ってきたものなので、表示が一部おかしいかもm(__)m  

BAD END No.05 警察に逮捕される



 今日の428 ~封鎖された渋谷で~の体験版はどうかな?


 亜智 10:30 女の子に近づく?


 A:「あんなもの持たせたまま、女の子を待たせるんじゃねーよ」
 亜智は代わりに持ってやろうかと思った。


 B:「とりあえず、このゴミ捨てるか」
 近くにゴミ箱がないか探した。


 女の子は手が痛むのか時折片手に持ち替えたりしながらも、地面に置こうとはしない。それほど大事なものなのだろうか。
 「俺があんただったら、待たせた野郎はぶん殴るね。持っててやるよ。重いんだろ?」
 亜智がそういうと、女の子は目を丸くして見つめる。
 亜智が乱暴にアタッシュケースに手を伸ばすと、周囲から一斉に数人の男がとびかかってきた。
 「話は署で聞かせてもらう」
 隣にぴったりと張り付いているスーツ姿の男が警察手帳を見せた。


 TIPS:警察手帳


 警察職員の身分を証明するもの。旧警察手帳は身分証明の他に、実際に記入可能な手帳としての機能があったが、現在はFBI捜査官が持つバッジケースのような身分証明と徽章のみのデザインとなっている。


 パトカーの後部座席の押し込まれた亜智は、憮然としながら窓の外に目をやった。
 すでに女の子はアタッシュケースは持っておらず、杖をついた男と話しているようだった。


 数時間が経った。
 延々と取り調べを受けた結果、無関係ということがわかり、迎えに来た父親の大介とともに帰ることになった。
 息子が留置場に入るという不名誉な事件の後のわりに、大介はやけに上機嫌だった。
 「いいニュースがあるんだ。お前も喜ぶぞ」
 「なんか気持ちも悪いなぁ」
 「ふふふ・・・」
 そんな会話をしながら、二人は家路についた。


 BAD END No.05 警察に逮捕される


 ヒント:親切心でアタッシュケースを持ってあげようとしたのに、なぜか突然警察が現れ、何時間も拘束されてしまった。
 彼女を心配するのはいいが、少しタイミングが悪かったようだ。
 亜智の10:30の選択肢を選び直してみよう。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

HN:
勇者弐位
性別:
女性
職業:
大阪のオバチャン
趣味:
ゲーム
自己紹介:
 ゲーム大好きな大阪のオバチャンです。
 やりたいゲームは発売日に買ってるが、プレイする時間がまったく足りてないでの、クリアするのはいつになるのやら・・・

忍者カウンター

カテゴリー

アーカイブ

P R